スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

「きょうだい関係・誕生順位」と子どもの人格形成

子育て・教育

「きょうだい関係・誕生順位」と子どもの人格形成

子どもは、どのように世界を捉え、きょうだいの中での自分の振る舞い方を確立し、ライフスタイルを形成するのか

 皆さん、こんにちは。株式会社子育て支援の代表取締役、熊野英一です。

 私は今、昨年の4月に出版した『アドラー 子育て・親育てシリーズ 第1巻 育自の教科書 ~父母が学べば、子どもは伸びる~』(アルテ刊)に続くシリーズ第2巻『家族の教科書 ~子どもの人格は、家族がつくる~(仮題)』の執筆を進めています。この新刊のテーマでもある「家族のあり方」が子どもの人格形成に与える影響について、前回に引き続き、アドラー心理学の見地をご紹介していきたいと思います。

 前回は「家族のあり方」のうち、親の価値観や家族の雰囲気が子どもの人格形成に与える影響を見ていきました。今回は子どもの人格形成を左右する「きょうだい関係・誕生順位」について、私がアドラー心理学のカウンセリング技法を学んだテキスト(アドラー心理学教科書/ヒューマン・ギルド出版部)をベースに、考察を進めていきます。

私たちは皆、自分自身の人生の脚本家であり、主役である

 アドラー心理学では、一般的に人格とか性格と呼ぶものを「ライフスタイル」といいます。前回、私たちはおおむね10歳くらいまでに、自分自身の人生の基本設計図、ガイドマップの役割を果たす「ライフスタイル」を確定していくという考え方をご紹介しました。

 子どもは、母親や父親、きょうだい姉妹、祖父母や親戚、保育園・幼稚園・学校の先生やお友達といった周囲の人々との人間関係に対処していくため、生まれてから少しずつ、少しずつ、その子なりのスタイルを形成していきます。新しい人に出会うたび、スタイルを選び直していくのは大変なものです。そこで私たちは、ある程度の年齢になると(この時期がおおむね10歳くらいといわれています)、時に「このスタイルだと快適ではないな」と思うことがあっても、なれ親しんでしまった思考のクセ・行動のパターンから逸脱することには不安が伴うことから、「どんなときでも自分はこのスタイルでいこう」と「変わらない努力」を始めるのです。

 例を挙げると、このような感じでしょうか。

私は、自分の感情を素直に表現しないようにすることで、他者とのあつれきを避けようとするクセ(ライフスタイル)がある

 このクセを治したいとも思うのだけれど、もし自分の感情を素直に表現したら、他者はどのように反応するだろう? と考えると、不安になる

だから、結局のところ、いつも人の顔色をうかがって、心のうちの感情を見せないように、気づかれないようにと、努力している

 以上の例から、ライフスタイルについて次の二つのことが見えてきます。

1) ライフスタイルは、本人が、主体的に選択している
2) ライフスタイルの形成は、他者からの影響を受ける

 ライフスタイル形成に影響する因子は、前回も紹介した下表のとおり、遺伝や親からの影響もありますが、今回は、これらの影響因子のうち、きょうだい関係や誕生順位について深く考えていきたいと思います。

次ページ きょうだい関係が人格形成に与える影響

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

熊野英一

熊野英一

アドラー心理学に基づく「相互尊敬・相互信頼」のコミュニケーションを伝える〈親と上司の勇気づけ〉のプロフェッショナル。全国での多数の講演や、「日経DUAL」「朝日おとうさん新聞」などでのコラム執筆等を通して活発な情報発信も行う。 1972年フランス・パリ生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。メルセデス・ベンツ日本にて人事部門に勤務後、米国Indiana University Kelley School of Businessに留学(MBA/経営学修士)。製薬企業イーライ・リリー米国本社及び日本法人を経て、保育サービスの株式会社コティに統括部長として入社。約60の保育施設立ち上げ・運営、ベビーシッター事業に従事。2007年、株式会社子育て支援を創業、代表取締役に就任。2012年、日本初の本格的ペアレンティング・サロン「bon voyage 有栖川」をオープンし、自らも講師として<ほめない・叱らない!アドラー式の勇気づけ子育て>を広めている。2016年4月に初の著書「アドラー 子育て・親育てシリーズ 第1巻 育自の教科書 ~父母が学べば、子どもは伸びる~(熊野英一 / アルテ)」を発刊。日本アドラー心理学会正会員。

連載バックナンバー

アドラー心理学入門 周りを「勇気づけ」できる人になる

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード