スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

アドラー流 人の「思考・行動パターン」6類型

子育て・教育

アドラー流 人の「思考・行動パターン」6類型

(上)仕事・対人関係でどういう行動をしやすい? それぞれのタイプが育ちやすい環境は?

 皆さん、こんにちは。株式会社子育て支援の代表取締役、熊野英一です。

 3月の卒園・卒業から、4月の進級・入学と、バタバタと忙しく時が過ぎ、気づけば5月になっていた!という読者の皆さんも多いのではないでしょうか?

 私も、まもなく発売を予定している書籍『家族の教科書 ~子どもの人格は、家族がつくる~』(アルテ刊)の最終編集作業に追われて、今年の前半は例年よりもさらに忙しく感じています。

 さて、今回のコラムも、この書籍のテーマである「家族の在り方」が子どもの人格形成に与える影響について、前回「きょうだい関係・誕生順位」と子どもの人格形成」前々回「子どもの人格形成を左右する『家族の価値と雰囲気』」に引き続き、アドラー心理学の見地をご紹介していきたいと思います。

私たちは自分で決めたライフスタイルに従って生きている

 これまでのコラムで、「親の価値観や家族の雰囲気」および「きょうだい関係・誕生順位」が、子どもの人格形成に様々な影響を与えることについて、私がアドラー心理学のカウンセリング技法を学んだテキスト(アドラー心理学教科書/ヒューマン・ギルド出版部)をベースに、考察を進めてきました。

 繰り返しになりますが、アドラー心理学では、一般的に人格とか性格と呼ぶものを「ライフスタイル」と言います。このコラムの読者の皆さんは、私たちはおおむね10歳くらいまでに、自分自身の人生の基本設計図、ガイドマップの役割を果たす「ライフスタイル」を確定していくという考え方を既にご理解くださっていると思います。

 その人らしい「思考のクセ」や「行動のパターン」の総称である「ライフスタイル」は、次の3つの要素から構成される「その人の信念の体系」とも言えるでしょう。

<アドラー心理学 ライフスタイルの3要素>

1:自己概念=自分自身の現状をどうみなしているか。
「私は~である」

2:世界像=周囲の人・人生の現状をどう見ているか。
「世界(人生、人々は)~である」

3:自己理想=自分がどうありたいか。周囲の人からどう扱ってほしいか。
「私は~であるべきだ」

 「自己概念」とは、「私は◯◯という人だ」「私は△△ではない」と、自分自身で設定しているセルフ・イメージやアイデンティティーのことです。

 「世界像」とは、「ヒトってさぁ・・・/世間ってさぁ・・・/人生っていうものは・・・/仕事ってね・・・」というような出だしで、友人同士や夫婦で語り合ったり、あるいは自分自身の頭のなかで繰り返し反すうしたりするような、自分なりの世の中に対する信念・ビリーフのことを言います。

 「自己理想」とは、「私は◯◯であるべきだ/△△でなければならない」というもののほか、「私にとって大切なものは・・・だ」とか「××は嫌だ」といった行動を取捨選択する基準となる価値観のことを言います。

 注目していただきたいのは、上記3要素のいずれにおいても、それらは客観的事実に基づくものではなく、あくまでも、その人が主観的に「そのように思っている・意味づけているだけである」という点です。

 「親の価値観や家族の雰囲気」および「きょうだい関係・誕生順位」が個人のライフスタイル形成に大きな影響を及ぼす一方で、最後の最後は「自分で自分のライフスタイルを主観的に決めている」ということは、大きな希望だとは思いませんか? なぜなら、もし自分のライフスタイルが気に入らなければ、再び、自分の意思で「新たな意味づけ」をし直せば良いのですから。

 あなたはご自身のライフスタイルに十分満足していますか? それとも、少しだけ修正したいなぁという点がありますか? あるいは、そもそも自分のライフスタイルをよく理解していないかもしれませんね。いずれにしても、まずは、現時点における自分のライフスタイルをよく理解することが出発点となります。それでは、早速、代表的なライフスタイルの類型をご紹介していきましょう。

代表的なライフスタイル

 ゲッター(欲張りタイプ)・・・「他人のものは自分のもの」権利主張型

 ベイビー(赤ん坊タイプ)・・・「他人の顔色をうかがい、好かれようとする」依存型

 ドライバー(人間機関車タイプ)・・・「他人に任せることができない」猪突猛進型

 コントローラー(自己抑制タイプ)・・・「感情をあまり表に出さない」失敗回避型

 エキサイトメント・シーカー(興奮探しタイプ)・・・「好奇心旺盛で飽きっぽい」竜頭蛇尾型

 アームチェア(安楽タイプ)・・・「モットーはマイペース」の安楽椅子型

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

熊野英一

熊野英一

アドラー心理学に基づく「相互尊敬・相互信頼」のコミュニケーションを伝える〈親と上司の勇気づけ〉のプロフェッショナル。全国での多数の講演や、「日経DUAL」「朝日おとうさん新聞」などでのコラム執筆等を通して活発な情報発信も行う。 1972年フランス・パリ生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。メルセデス・ベンツ日本にて人事部門に勤務後、米国Indiana University Kelley School of Businessに留学(MBA/経営学修士)。製薬企業イーライ・リリー米国本社及び日本法人を経て、保育サービスの株式会社コティに統括部長として入社。約60の保育施設立ち上げ・運営、ベビーシッター事業に従事。2007年、株式会社子育て支援を創業、代表取締役に就任。2012年、日本初の本格的ペアレンティング・サロン「bon voyage 有栖川」をオープンし、自らも講師として<ほめない・叱らない!アドラー式の勇気づけ子育て>を広めている。2016年4月に初の著書「アドラー 子育て・親育てシリーズ 第1巻 育自の教科書 ~父母が学べば、子どもは伸びる~(熊野英一 / アルテ)」を発刊。日本アドラー心理学会正会員。

連載バックナンバー

アドラー心理学入門 周りを「勇気づけ」できる人になる

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード