スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

現役東大生 僕を見捨てた大人と同じになりたくない

子育て・教育

現役東大生 僕を見捨てた大人と同じになりたくない

(下) 生活保護家庭の子どもたちが背負う罪悪感、諦め、精神的圧迫

生活保護家庭の子どもにも道が広く開かれるべき

島田 僕もまだ社会に出ていないので何も理解できていないと思うのですが、何となく、社会全体の雰囲気として、「自分はこれだけ苦しかったから、おまえも同等に苦しくあるべきだ」という風潮があるのが気になっています。それを言うなら、僕の立場からは「みんな生活保護家庭から東大に行ってみろよ」という主張になるかもしれませんが、僕はそんなことを言いたいとは思わない。お互いに苦しいだけだし、得にはならない。

 「自分が苦しかったからこそ次の世代はより良くする」という方向で社会を回していけたら、未来に希望を持てるんじゃないかと思います。

駒崎 おっしゃる通りで、今はシバキ主義がまん延していますよね。僕もそれは変えていきたいです。「生活保護家庭の子どもは大学に行っちゃダメ」という制度はやはり変えたほうがいいと思いますか?

島田 そのほうが今よりやりやすくなるのは確かですが、そもそも、大学を卒業しないと社会的格差が出てしまうという問題が根本にあるとも思います。大学に進学しなくても最低限の文化的生活が保障されれば、生活保護家庭出身の子どもたちの道はもっと広く開かれると思います。

駒崎 確かに、ドイツのように高校を出て働き始めてもキャリアに何の格差も生まれなければ問題ありませんよね。大学を卒業するか否かで社会のスタートラインがまるで違ってしまう点が、貧困を再生産しているという指摘はありますね。いずれにせよチャンスは開かれるべきだということですね。

島田 僕は生活保護家庭で育ったガキとして東大に進学しましたが、そのことに臆せずに誇りにして生きていこうと思っています。僕が生活保護制度を否定してしまったら、誰も肯定しないと思うので。生活保護家庭であることを恥じずに、「だから何?」と堂々と胸を張って生きていけるよう、行けるところまで努力していきたいと思います。朽ちるなら朽ちるで、もう失うものはありません。日本社会の地獄は既に見てきたと思っているので。その経験も経て今ここにいられることは、天から授かった使命なのかもしれません。

駒崎 自身の努力を誇っていいと思います。おっしゃる通り、生活保護制度は社会全体の流れとしては劣勢にあり、実際に問題のある家庭も少なくないと思います。でも、生活保護があったからこそ、ここまでたどり着けたという人もいる。

 今その制度の庇護の下にある子どもたちにとって、勇気が出る体験談を語れる人はほとんどいないし、いてもなかなか出づらい中、島田君が語ってくれることは非常に価値が高いことだと思います。島田君になれたかもしれない子どもたち、また、なれるかもしれない子どもたちのために、僕も力の限り頑張っていきたいと思います。

(文/宮本恵理子 撮影/鈴木愛子)

駒崎弘樹

駒崎弘樹

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。2010年からは待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開。「おうち保育園」モデルは、2015年度より「小規模認可保育所」として、政府の子ども子育て新制度において制度化され、全国に広がった。2014年には、これまで保育園に入れなかった医療的ケアのある子ども達を中心とした障害児を専門的に預かる「障害児保育園ヘレン」を東京都杉並区に開園。2015年4月から、医療的ケアのある障害児の家においてマンツーマンで保育を行う「障害児訪問保育アニー」をスタート。政策提言や担い手の育成を行うため、2012年、一般財団法人 日本病児保育協会、NPO法人 全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。2015年、全国医療的ケア児者支援協議会を設立、事務局長に。
 公職としては、2010年より内閣府政策調査員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員、内閣官房「社会保障改革に関する集中検討会議」委員などを歴任。 現在、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府「子ども・子育て会議」委員、東京都「子供・子育て会議」委員、横須賀市こども政策アドバイザーを務める。
 著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『働き方革命』(ちくま新書)、『社会を変えるお金の使い方』(英治出版)等。翻訳書に「あなたには夢がある」(英治出版)。一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2カ月の育児休暇を取得。

連載バックナンバー

駒崎弘樹 社会を変えるダイアローグ

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード