スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

妻の復職を機に家事分担を半々に!その秘訣は[PR]

生活・家事

妻の復職を機に家事分担を半々に!その秘訣は[PR]

ともにネット系企業に務める青木さん夫妻の「家事の見直し」にロボット掃除機が貢献

インターネット系の会社で営業チームの管理職を務める20代後半の青木慎太郎さん。妻が出産・育児休暇を終え、この4月から職場に復帰したのを機に、家事・育児のあり方を変えました。その中でも毎日やろうと思ってもやり切れない掃除を「ロボット掃除機 ルンバ」に任せることにしました。さらに夫婦のさまざまな家事分担を見直し、自分で抱え込まないようにして家族と仕事の両面で生産性を上げる考え方と暮らしが生まれました。

家事と育児を再構築して、最小限の家事を分け合えるように

妻の復職を機に、家事のルールを見直した青木さんファミリー
妻の復職を機に、家事のルールを見直した青木さんファミリー

 慎太郎さんの仕事は勤務時間が不規則で、自宅に仕事を持ち帰ることも少なくありません。家のことはほとんど育児休暇中である妻の悠さんに任せきりでした。

 その悠さんが育児休暇を終え、この4月から復職しました。悠さんの勤務先もインターネットサービス会社で、フルタイム勤務での職場復帰となりました。

 子育てをしながらの共働き開始に備え、夫婦で話し合ってまず決めたのは、家族のルール作りでした。

 1歳3カ月になる子どもは、夫婦が交代で保育園への送り迎えを行い、迎えに行ったほうがその日の夕食も作ります。慎太郎さんが炊事を担当する頻度は週の半分。手間をできるだけ減らすため、下ごしらえ済みの食材の宅配サービスも積極的に利用します。洗濯は夫婦がほぼ半々のペースで担当します。洗濯物はそれまで悠さんが手で干していましたが、時間効率のことを考えて乾燥機も活用するようにしました。日々の買い物負担をなくすために、ボタンを押すだけのインターネット通販サービスも利用しています。

 悠さんが育児休暇を取っている時、慎太郎さんは家事の1割ほどしか負担していませんでした。復職後は、やらなくてよい家事は減らし、できる家事をやることで、その比率を3~4割まで増やし、悠さんに頼らなくても日々の家事はできるようになったのです。

次ページ 清掃性能は人間がやる以上、整理整頓の...

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード