スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

パパ

ダイアモンド☆ユカイ 無精子症の絶望を乗り越えて

【ダイアモンド✡ユカイ インタビュー】(上)「100人に1人は無精子症」 ロックな俺への精子ゼロ宣告と不妊治療、夫婦の危機

2度の体外受精が失敗…。精神的に追いつめられて離婚話も

―― ところが2度の体外受精が失敗に終わってしまった…。

ユカイ 1度目の失敗のときはとにかくショックが大きいんですよ。2度目の失敗のときは「やっぱり無理なんだな」と諦めに近い喪失感…。不妊治療は精神的・金銭的な負担が大きいのに、がんばっても勝てるか分からないつらい闘いなんだよね。

 不妊治療をしている原因は俺にあるわけだから、申し訳なさとやり場のないモヤモヤした気持ちが蓄積されて、ケンカになったことも何度もあったよ。妻が家出をして、離婚話が出たこともあった。不妊治療は、夫婦がタッグを組んで協力しないと、乗り越えられない闘いなんだな、って実感したね。

―― どのようにして夫婦の危機を乗り越えたのでしょうか?

ユカイ 体外受精(顕微授精)が2度失敗に終わり、気づいたら夫婦の人生の目的自体が「不妊治療」になっていたんだ。実際の治療期間は1年ちょっとだったんだけど、俺には30年くらい不妊治療を続けているように感じたよ。

 俺は妻に「このままでは人生=不妊治療になってしまう。二人で生きていく人生を考えよう」と言った。妻も同意してくれて、不妊治療は諦めて、二人で生きていく人生を考え始めたんだ。

 それから1年弱くらいかな。二人で温泉に行ったり、ゴルフを楽しんだりとリラックスして過ごしていたんだよね。そんなとき、妻が「40歳になる前に、最後にもう一度チャレンジさせてください」と言ってきたんだ。もう一度挑戦ってことは、俺ももう一度アソコにメスを入れるのか?と一瞬ひるんだけど、一度経験していた俺は強くなっていたね。妻の大変さに比べれば睾丸にメスを入れる手術なんてあっという間に終わる。俺は、妻と二人で北九州のクリニックを訪ねることになったんだ。

自分の体と向き合い、夫婦の危機を経て、改めて「二人の人生」を見つめ直すことに。その後、妻が40歳になる前にと、最後の挑戦。現在、長女のニーナちゃん(現在小2)、その後、双子のライオンくん・ショーンくん(現在5歳)の3児を授かった。
自分の体と向き合い、夫婦の危機を経て、改めて「二人の人生」を見つめ直すことに。その後、妻が40歳になる前にと、最後の挑戦。現在、長女のニーナちゃん(現在小2)、その後、双子のライオンくん・ショーンくん(現在5歳)の3児を授かった。

◆ ◆ ◆

 ユカイさんはその後、転院したクリニックで体外受精(顕微授精)に成功。後編では、3児を授かるまでのお話や三者三様の子育て、ユカイさんの教育観や父親像に迫ります。

ダイアモンド✡ユカイ

1986年、伝説のロックバンド「RED WARRIORS」のボーカルとしてメジャーデビュー。人気絶頂期の1989年にわずか3年の活動で日本武道館公演を最後に解散。その後、ソロ活動を開始し、音楽活動を中心に、舞台・映画・バラエティー番組の出演など幅広く活動。著書の『タネナシ。』(講談社)では自らの不妊治療体験を赤裸々に綴り大きな反響を呼んだ。2作目『育爺。』(同)では3児の育児に奔走する様子を綴っている。7/15(土)に大宮ソニックシティ 大ホールにて「RED WARRIORS」デビュー30周年記念ライブRED WARRIORS『30th Anniversary ~King's Rock'n Roll~』を開催予定。織田哲郎氏と結成したロックバンド「ROLL-B DINOSAUR」のライブが6/25(日)名古屋 ReNY limited、6/30(金)東京 青山RizMで開催予定。

(取材・文/中島夕子 撮影/品田裕美 構成/日経DUAL 加藤京子)

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード