スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

東大、ハーバードMBAを経て起業した3児の母

子育て・教育

東大、ハーバードMBAを経て起業した3児の母

都会の中学受験より地方の県立高校を希望し、長野県へ移住

東大やハーバードで出会った「本当に学ぶ力」を持つ人は地方出身だった

―― ご夫婦ともに、東京大学、ハーバード大学院と一流の教育環境に身を置いた経験があると思うのですが、そこでの経験もお子さん達の教育に関係していますか?

藻谷 私が「わが子を田舎で育てよう」と決定的に思ったのは、東大時代に出会った同級生たちの経歴も関係しています。

 「この人はすごいな」という人は地方の県立高校の出身の人が多かったんです。もちろん、人数が多いのは開成や桜蔭という中学受験の私立御三家出身の人たちなのですが、「この人はちょっと違うな」と思うような抜き出ている人は、地方などの公立高校出身でした。

 これは東大の教授も言っていたのですが、素晴らしい論文を書いたり、大学院で研究成果を出したり「これは!」と思う人は、地方の県立高校出身だったり、進学校として有名ではない学校出身だったりします。自分で学ぶ力、伸び伸び育ったからこその発想力、切り開いていく力などがある。このような現実を知っていたのは大きいかもしれないですね。

 東大に入ることが全てという意味ではなくて、本当に学ぶ力を身につけるという意味で、「地方の県立高校でも問題ない」「首都圏の中学受験をさせる必要はない」という選択ができたと思います。長野への移住は、過熱する中学受験からの“疎開”という意味もありました。

 私自身はいわゆる都心部の進学校から東大に入ったタイプで、周囲が必死に走っているから自分も一緒になって走り続けて、その結果として東大にたどり着いていたという人間でした。正直、私のような凡人は、そうでもしないと東大には入れなかったかもしれません。そういう意味では、都心部の進学校のメリットもよく分かっていたのですが、子どもたちには受験はさせたくないという気持ちがありました。

次ページ 幼少期よりも常にイライラしている思春...

連載バックナンバー

“デュアラー”の生きる道

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード