スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

椰月美智子 保育園からの緊張コール、夫とバトル

趣味

椰月美智子 保育園からの緊張コール、夫とバトル

『さしすせその女たち』第3回/こんなに一生懸命、働いているのに…また延長保育になってしまう

5歳と4歳の子どもたちを育てながら、デジタルマーケティング会社で室長として働く多香実。

一見、仕事も充実し、子育ても満喫している今どきのワーママのようだが、実際は子育ても家事もほぼ自分でやらなければならない“ワンオペ状態”。

部下をマネジメントする立場でありながら、保育園のお迎え時間までには帰宅しなければならない。今日もゆっくりランチを食べる暇なく働いたが、あっという間に延長保育の時間になってしまい……。

『さしすせその女たち』 今回の主な登場人物

◆米澤多香実(よねざわ たかみ) 39歳/ デジタルマーケティング会社「サンクルーリ」ソーシャルマーケティング部クライアントオペレーション室 室長
◆米澤秀介(よねざわ しゅうすけ) 40歳/食品メーカー営業職 課長
◆米澤杏莉(よねざわ あんり) 5歳/みゆき保育園年中クラス
◆米澤颯太(よねざわ そうた) 4歳/みゆき保育園年少クラス

◆峰岸(みねぎし)ゆりか 29歳/「サンクルーリ」正社員。ソーシャルマーケティング部クライアントオペレーション室。妊娠6カ月

 サンクルーリは、デジタルマーケティング会社だ。IT、インターネット広告、ソーシャルメディア・マーケティングをはじめとしたマーケティングを国内外に広く提供している。創業10年目の新しい会社で、社員数300人、上場して2年目に入る。

 多香実は、知人の紹介でサンクルーリ創業時に既卒入社した。それまで別のIT企業に勤めていたが、あまりの残業の多さに身体を壊し退職した。

 サンクルーリは新しい会社ということもあって、制度も充実している。子どもたちを妊娠し、出産したときも、産休・育休と、問題なく取ることができた。

 子どもを2人望んでいた多香実は、杏莉を産んだ翌年に颯太を出産した。計画的に年子にしたのは、ぶつ切りで休業するよりも一気に休んだほうが、その後の仕事がやりやすいだろうと考えたからだった。

 産休と育休でほとんど2年間休業したので、休んでいる間は、あせりと申し訳なさで仕事のことが気になって仕方がなかったが、時世に合った社風のおかげで、肩身の狭い思いはしないで済んだ。会社が寛容に対応してくれたことで、それまで以上にがんばって会社に貢献したいと、多香実は心から思っている。

 多香実が担当しているのは、WEBサイト向けの広告の企画・提案・制作だ。多香実は、ソーシャルマーケティング部、クライアントオペレーション室の室長として部下6人、パートやアルバイト社員を入れて12人のチームを抱えている。平均年齢35歳という若い会社なので、39歳の多香実は上のほうだ。

 やりがいは日々感じている。いずれは、ソーシャルマーケティング部の部長になれたらと、ひそかに思っている。今のところ、同い年の男性同僚が有望株だが、自分にも見込みはあると感じている。

 産休・育休で休みをもらい、現在も子育て真っ最中である自分が昇進できれば、多くの女性社員たちに希望が生まれると思うのだ。もう聞き飽きたぐらい昔から、女性進出、女性の活躍などと言われているが、出産し、子育てという自分の思い通りにならないことだらけの日常を担っている子持ちの女性が活躍しなければ意味がない。

次ページ 「みんなで峰岸さんの分も協力してやり...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

椰月美智子 さしすせその女たち

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード