スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

大森靖子 生きること自体を肯定、それが大人の仕事

子育て・教育

大森靖子 生きること自体を肯定、それが大人の仕事

私は母親という生き物ではない。母親は必ずしも「愛されるよりも愛したい」にならなくていい

 「すべてを肯定する」「マイノリティーに光を当てる」独自の音楽性で人気の個性派シンガーソングライター・大森靖子さん。独自の世界観をつくり出す仕事と1歳の息子の子育て、比較できないほど大好きなこの二つへの平行線のような思いを等身大の日常とともにつづる連載です。大森さんは音楽活動を開始してから7年間事務所に無所属だったにもかかわらず、渋谷や恵比寿など著名なライブスタジオでの公演が続々とソールドアウト。2014年、27歳でのメジャーデビューからまもなく出産を経験。その後も全国ツアーの本公演をすべて満員にし、音楽ファンから絶大な支持を集めています。今回も、かっこいい自分も、かっこよくない自分も全部ひっくるめていいじゃないと、大森さん節炸裂! 「大人の承認欲求」についてです。

 「私、愛されたい」って気がついちゃったんです、最近。

 もっと言うと、いのちの使い方を愛されたい。

 ぶっちゃけ私は私のこと、やっぱり結構かなり好き。かっこいいと思ってる。でもそれをみんなに気づいてもらう自信は、ない。世間で共有しやすい「かっこいい」や「かわいい」のイメージとかけ離れている気がするし、わけが分からないという人もいるだろうし、誤解されやすいし、顔もそんなに可愛いわけじゃないし。……っていうので、そこには自信がない。

 でも私だけが知ってる私の良さとか、誰も触れられない私見(わたしみ)とか、にはすごい自信があって。自信があっても、それは誰も知らないこと。しかも、その私だけが知ってる私っていうのは、お天気みたいに流動するから、自分でも完全に捉えられる瞬間が、仕事をしているとき、つまりライブしかない。

 だから、私にとってライブがライフワークで、一生やっていたいなって思ってる。

誹謗中傷がとんできても、絶対に愛だけは見逃さずにつかみたい

 全身全霊で戦って、完全に自分のままの自分で愛されたい。

 世の中の人はこういうの好きなんでしょっていう、モテ情報のペーストじゃなくて、相手の趣味にあわせた女の子像なんていう、どうせ元カノか初恋の面影なんかでもなくて、文化だとか社会だとかに塗れて揉まれて、それでもこの体でつかんだり逃さなかったりした自分の最高傑作の「今日の日の自分」で愛されたらどんなにいいか。

 そうなるためには、誰かが嫌いかもしれない部分の私も、必然的に全面的にさらしてしまうことになるので、なかなかリスキーなことかもしれない。

 恋愛で対一人でもそれはとてもきついのに、今私がやっている歌手という職業は、自分のことを知らない不特定多数にも見せなきゃいけなくて、そうなってくると不誠実にならなきゃ嫌になるぐらい、ガセ情報も、美化されすぎた幻も拡散されていくから、当然たくさんの誹謗中傷がとんできて。それでも絶対に愛だけは見逃さずにつかむぞって思って、エゴサーチしてみたり。一方で傷つけられ、それでもたくさんの人たちが愛をくれるから。その愛はなるべく、悪意を消すためなんかに使いたくはないけれど。

 多分、私もそうだけど、好きな人のことって、好きなのが当たり前すぎて、わざわざそこまで言わなくても分かるような気がしてしまう。いつだって私が、元モーニング娘。の道重さゆみさんのこと好きだということなんて、みーんな知ってるあたりまえの情報のような気がして生きてしまっている。

 でも、私はそれされるとすごく不安!

 昨日好きだったからといって、今日好きとは限らないじゃない!!!

 で、最近、じゃあ私のこと好きな人が、私のことを好きって言いやすい状況をつくろう!と思って、やたら盛った自撮りをファンにラインで送りつけて、「LINEで自撮り送ったあと、こわくていつも秒でエゴサーチしてる」と告げて「靖子ちゃんの自撮りかわいい」と半強制的にインターネットで言わせたり、もうライブで直接「かわいい?」と聞くという痛々しい行為まで始めてる始末。

 で、この承認欲求バリバリの感じを、一児の母がやってる。今年9月で30歳になる私。

 やばくないですか。

「好きな気持ちは、ストレートに好きと伝えてほしい」。30歳を迎えても、一児の母でも、承認欲求に年齢など関係なし!
「好きな気持ちは、ストレートに好きと伝えてほしい」。30歳を迎えても、一児の母でも、承認欲求に年齢など関係なし!

次ページ 30歳の承認欲求、だめ? 自己評価を...

連載バックナンバー

ロックママ大森靖子 育児と夢の平行線

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード