スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

“夜の営み”アンケート「セックスは好きですか?」

生活・家事

“夜の営み”アンケート「セックスは好きですか?」

【“仲良しセックスレス”はアリ? 夫婦のスキンシップ特集(1)】日経DUAL読者に聞いた、妻の本音と夫の不満

夫の4人に3人がパートナーとギャップ

 次に、パートナーとのセックスについての考え方の違いについて聞きました。

 すると、パートナーとの間に考え方のすれ違いを感じている人が、「違うと感じる」が33.7%、「どちらかと言えば違うと感じる」を合わせると55.8%。多くの人が違いを感じていました。しかも、男性に至っては「違うと感じる」が45.1%、「どちらかと言えば違うと感じる」を合わせると74.5%、実に4人に3人がパートナーとの間にセックスに関する考え方の違いを感じているという衝撃の結果でした。

 またパートナーとどう考え方が違うと思うのか、その理由も聞きました。

<女性>
●「妻を自分のもの、所有物として確認するための行為に感じる。自分本位
●「夫は前戯も後戯もほぼしない。自分だけが性欲発散できるようなセックスで、こちらも満足したと思っている。セックスしてやった、という態度すら見受けられる」
●「夫は、性欲を満たすため。自分はコミュニケーションを大切にしたい」
●「私は寝たい。家事などやりたいことが他にある。旦那はたまるらしい」
●「産後、全くしたくなくなった私と、その反対の主人。正反対」
●「レイプみたいなセックスは困る
●「夫は結婚当初から性欲がない。私は健康的な人間として、食欲もあり、性欲もある」
●「たぶん夫はしなくてもいいと考えている」

<男性>
●「妻は子作りの手段、私は日常生活
●「妻はセックスがあまり好きではない。なくてもいいのではないかと感じる」
●「パートナーはそのような行為は不要だと思っている」
●「パートナーは非常に淡泊。夫婦生活として必要なことと認識していない」
●「パートナーは興味がなくなったと言っている」

 全体的に、妻は夫の自分本位なセックスを嫌がっていたり、性欲処理的な行為に抵抗を感じたりしているようです。逆に夫は、自分としてはしたい気持ちがあるのだが、相手が嫌がっている、不要だと思われている、といった部分でギャップを感じています。

次ページ 過半数が「セックスレス」という衝撃

連載バックナンバー

“仲良しセックスレス”はアリ? 夫婦のスキンシップ特集

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード