スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

[PR]行正り香さんの平日アガる!ワンプレート!

生活・家事

[PR]行正り香さんの平日アガる!ワンプレート!

【第3回】美味しさも!簡単さも!そんなあなたに捧げます 〜ビビンバ、プルコギ、カルビ!ワンプレート3種を一挙ご紹介〜

育児に仕事に毎日がバタバタのデュアルなママたち。どんなに忙しくても、家族が顔をあわせる食事の時間は大事にしたいですよね。そのためにも、子どもたちが笑顔でたくさん食べてくれて、パパもママも満足できる栄養満点のご飯を用意したいところ。「美味しくて力が湧いてくる食材」、アメリカン・ビーフを使ったちょっとオシャレでリッチな“平日レシピ”を、料理研究家として活躍する傍ら、子ども向け教養ウェブサイトの運営活動にも力を入れる行正り香さんに教えていただきました! ご自身も働きながら2人の娘さんを育てている行正さんの働くママとしてのアドバイスもいっぱいです。

本格派ステーキ。実は、いちばん簡単なごちそう!

「ステーキって“ハレの日の料理”のイメージがありますが、実は働くママにとっては一番簡単にできるごちそうなのです」

行正り香(ゆきまさ・りか)<br>1966年福岡県生まれ。高校3年からアメリカに留学し、帰国後に広告会社入社。07年に独立し、学習コンテンツ「なるほど!エージェント」を開発する。著書に『レシピのいらない和食の本』ほか多数。2015年には、働くおかあさんへの役立ちアプリ「今夜の献立、どうしよう?FOOD/DAYS」の提供を開始、話題となっている。
行正り香(ゆきまさ・りか)
1966年福岡県生まれ。高校3年からアメリカに留学し、帰国後に広告会社入社。07年に独立し、学習コンテンツ「なるほど!エージェント」を開発する。著書に『レシピのいらない和食の本』ほか多数。2015年には、働くおかあさんへの役立ちアプリ「今夜の献立、どうしよう?FOOD/DAYS」の提供を開始、話題となっている。

 そう語る行正さん。「我が家では、『平日の楽チンメニュー』の一つ。ステーキのポイントは、焼き時間と塩加減。アメリカン・ビーフは、赤身が多くて肉の味がしっかりしているから、ローストビーフのようにレアが一番美味しいんです。“赤身は赤身のまま”が、美味しさの鉄則です」(行正さん)。

 今回はステーキ店も経営している行正さんに、試行錯誤を重ねて見つけたステーキの焼き時間と塩加減の黄金ルールを、DUAL読者に伝授してもらいます! これさえ知っておけば、家でのステーキ料理ももう失敗なし。お肉も野菜も一緒に摂れる栄養たっぷりのワンプレートメニュー3品と共に、紹介します。

アメリカン・ビーフについて、もっと知りたい人はこちらへ!

次ページ 作ってみよう![その1]「野菜たっぷ...

連載バックナンバー

行正り香の“アガる!”平日「お肉」レシピ

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード