スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

専業主婦になって気付いた「働きたい」という感情

子育て・教育

専業主婦になって気付いた「働きたい」という感情

仕事に未練はなく主婦になったが、周りの友人が輝いて見えて… 週1パートから仕事を再開し、今は正社員に

夫は2回の転職。家事育児も何でもやってくれるように

 夫も子どもが生まれてから2回転職をし、いまは定時上がりの職場で仕事をしています。土日も休めるので、家族との時間が増えました。夫は私が専業主婦時代は、ほとんど家事をしない人だったのですが、いまは保育園のお迎え、夕飯準備、などなんでもできます。実は料理も上手でした。「できない」のではなく、やはり仕事がハードで休みも不規則だったので、やる時間がなかったり、やる余裕がなかったりしたのだと思います。よく話題になっているワンオペ育児の背景には、夫の意識だけでなく職場環境も大きく影響しているのだなと、感じています。

 仕事を再開してよかったのは、自分の時間ができたこと。子どもが小さくて専業主婦だった時代は、1日子どもと一緒にいて、離れたことがありませんでした。いまは働いていても子育てができているし、子どもとの関係が悪くなったわけではないので、「子どもと離れる時間があってもいいんだ」と思えるようになりました。週末も友達に誘われて、市のフィットネスジムに行ったり、ご飯に行ったりして息抜きしています。たまに夫に「俺ばっかり家事育児をしている気がする」と言われてしまうこともありますが、「私もやっていたよ」と返しています(笑)。

 いまは育児も仕事もどちらにも、がむしゃらな毎日を送っています。これから2人目の子どもも考えています。育児の状況に応じて、働き方は変わるかもしれませんが、仕事はできる限りずっとしていきたいと思います。

(文/日経DUAL編集部・砂山絵理子 イメージ写真/鈴木愛子)

連載バックナンバー

バリバリでもない、ゆるゆるでもない、ワーママ2.0

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード