スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

働いたことがない主婦が40歳で正社員になるまで

大学卒業直後に結婚。子どもが成長してから大学で再勉強して・・・

 新しいことに挑戦するためには、時として、自分に無いスキルを身につける勉強が必要になります。新たな世界にチャレンジした人達は、どんな勉強をしていったのでしょうか。この連載では改めて勉強し直し、新たなキャリアへとつなげた女性達を紹介します。3番目に登場していただくのは、大学卒業後、すぐに結婚し40歳まで働いたことがなかったという女性。彼女はどうやって「40歳の新人正社員」になれたのでしょうか。

伊藤友子さん(仮名)
神奈川県在住。大学卒業後、就職せずに結婚。以来、18年間を専業主婦として過ごす。娘の中学入学を機に何か社会で役立つことをしたいと考え始める。日本女子大学リカレント教育課程で学び、法律事務所の事務職として就職。夫、大学生の息子と高校生の娘の4人家族。

伊藤さんの歩み
●大学卒業後、結婚。
●40歳、日本女子大学リカレント教育課程を受講
●41歳、法律事務所に就職。事務スタッフとして勤務

子育てがひと段落。たっぷりある時間で「社会に役立つことをしたい」

――正社員の経験が無かったんですね。

 ええ。地方の国立大学を出て、すぐに結婚したものですから。教育学部だったので、周りにも一般企業への就職活動をする人があんまりいなかったんです。私はもう結婚も決まっているし、就職活動はしなくてもいいかな、と。学生時代にアルバイトくらいはしたことありますけどね。

――ずっと専業主婦をされてきたのですか。

 夫は会社員ですが、とにかく出張の多い仕事でして、長期間、家を空けることもしょっちゅうなんです。夫も私も実家が遠方なので、親を当てにできない。どうしても子育ては私が中心にやらなければなりませんから、自分が働くことは考えたこともありません。子どもは大学生の息子と高校生の娘です。

 娘が中学に入って部活を始めると、朝、家を出たら19時くらいまで誰も帰ってこないという状況になりました。それで「私、すごく時間があるなぁ」と気づいたんです。習い事も色々しましたけど、限界がありますよねぇ。

 暇だからアルバイトくらいしようかと思ったんですけど、いかんせん仕事の経験が無い。学生時代にしたことのある接客ならできるかな、と考えたんですが土日に働くとなると、家庭に支障が出るかもしれないでしょう。それで悩んでいたときに、日本女子大学リカレント教育課程(以下、リカレント)をテレビで知ったんです。

日本女子大学リカレント教育課程
育児や夫の転勤などで離職した女性に1年間(入学は4月と9月)のリカレンント(再教育)を提供する、2007年からスタートした実践講座。企業会計や簿記、貿易実務、ビジネス英会話など大学院レベルのビジネスに特化した専門教育を施し、企業で再び働ける人材に育て、再就職先のあっせんも行う。受講資格は大卒以上の女性。20~50代の女性が学ぶ。http://www5.jwu.ac.jp/gp/recurrent/index.html

――リカレントのどういうところに興味を持ったのですか。

 普通の習い事じゃなくて、何か社会に役立つことを習いたかった。リカレントはパソコンや英語、ビジネススキルを学んで社会に出る訓練をします、ということだったので、あ、私にぴったりかもって(笑)。

 それまで6000~7000円の月謝で英会話を習っていましたから、パソコンと英会話、他にも色々習えるなら、年間24万円という学費は案外お得かもと思いまして。今考えると、何か新しい世界に行ける、どこか遊びに行くような感覚だったかもしれませんね。絶対に就職したいとまでは思っていませんでしたから、視野を広げる中で、一つの選択肢として働くというのもあるかな、というくらいの意識でした。

――ご主人はリカレントに行くと言ったとき、どういう反応でしたか。

 基本的に私がやりたいことは自由にやらせてくれるので。子どもが小さいうちは家にいてくれないと、という雰囲気でしたけど、下の子が中学生にもなれば、そんなに親が必要ではなくなってくるし、まぁいいんじゃない?って感じでしたよ。

 実際にリカレントに通うようになると、帰宅が遅くなる日もあって、子どもには「今日は遅くなるから、お米をといでおいて」なんてお願いすることもありました。親離れ子離れのいい期間だったかもしれませんね。

次ページ 2度めの大学生活スタート。同級生に触...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

挑戦!「再勉強」してリスタート!

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード