スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

重要なお知らせ

女子御三家「桜蔭・女子学院・雙葉」校風と入試傾向

子育て・教育

女子御三家「桜蔭・女子学院・雙葉」校風と入試傾向

こんなに違う! 「女子中学御三家」の校風を示すたとえ話。「もし、道に空き缶が落ちていたら……」 

前回記事 「男子中学御三家「開成・麻布・武蔵」校風と入試傾向」では、関東圏の男子中学御三家と言われる3校について紹介しました。今回は関東圏の女子中学御三家について紹介します。

 ところで皆さん、女子中学御三家と言われる3校をすべて言えるでしょうか? 男子中学御三家は知っていても、女子御三家となると「あれ? どこだっけ?」と分からない人が案外いらっしゃるかもしれません。

 関東圏の女子御三家は「桜蔭中学校・高等学校(以下、桜蔭)」「女子学院中学校・高等学校(以下、女子学院)」「雙葉中学校・高等学校(以下、雙葉)」の3校。いずれも東京23区内にある伝統校です。この3校の共通点といえば、毎年数多くの東大合格者を出す進学校であること。

 でも、同じ進学校でも、その中身は大きく異なります。

 女子中学御三家の特徴を表すものとして、ユニークなたとえがあります。

「もし、道に空き缶が落ちていたら……」 

桜蔭生は、「本を読むのに夢中で缶が落ちていることに気づかない」
雙葉生は、「そっと拾ってゴミ箱に捨てる」
女子学院生は、「その空き缶で缶蹴りを始める」

 というように、空き缶一つを取ってもまったく反応が違うというのです。

 では、各校の特徴を、じっくり見ていきましょう。

【桜蔭】
1930年(昭和5)、東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)の同窓会「桜蔭会」により創立。全国の女子校の中でも、毎年50人以上の東大合格者を出す進学トップ校として名を馳せる。医学部への進学も多い。

校訓は「勤勉・温雅・聡明であれ」「責任を重んじ、礼儀を厚くし、よき社会人であれ」。建学以来、「礼と学び」の心を大切にし、「知・徳・体」に調和の取れた教育を実践。勉強のみならず、人として必要な礼法にも力を入れている。全体的に勤勉な生徒が多い。

授業は、中3の自由研究をはじめ、自ら調べ、考え、発信していく力の育成を重視。大学受験のための勉強ではなく、学問に対する興味を養うことを目指している。東京都文京区本郷所在。中学校240名、高校募集なし。

【女子学院】
1870年(明治3)創立のプロテスタント校。キリスト教精神に基づいた豊かな人間性を育む教育を行うとともに、高い理想を持つ自立した女性の育成を目指す。東大合格者数は、桜蔭には及ばないものの毎年20人以上に上る。

自由な校風が特徴で、制服や細かい校則がなく、校則にあたる規定も「校章のバッジをつける」「上履きは指定のものにする」などの4項目のみ。

授業は、中学では全科目をバランスよく学習しながら、実験やリポート、作文、作品制作などにも力を入れている。また、毎朝礼拝が行われ、週1時間「聖書」の授業がある。東京都千代田区一番町所在。中学校240名、高校募集なし。

【雙葉】
1872年(明治5)創立のカトリック校。校訓は「徳においては純真に、義務においては堅実に」。6年間を通して「宗教」の授業があり、ボランティア活動に力を入れたり、毎日生徒が校内掃除を行ったりするなど、カトリックの精神に基づいた全人教育を実践。女子御三家の中で唯一併設の小学校がある。

校則はそれほど厳しくないが、上品で礼儀正しい女性になるようにという雙葉の文化が根付いているので、身だしなみが乱れていると学校側から注意を受けることも。御三家の中では“お嬢様学校”というイメージが強い。

併設の小学校では英語を正課としているため、中1では内部生と外部生は別クラスで授業を行い、1年間で進度を調整し、中2から一緒に学ぶ。中3からフランス語の授業が加わり、高校では第一外国語として英語かフランス語を選択。カリキュラムは全教科においてしっかりしているが、中でも外国語教育に力を入れている。東京都千代田区六番町所在。中学校100名、高校募集なし。

 このように、ひとくちに進学校と言っても、3校の校風は見事にバラバラ。そのため、進学実績の良さだけで学校を選んでしまうと、入ってから学校の雰囲気に馴染めないといったミスマッチが生じてしまうことも。そうならないためには、まずは学校説明会やオープンキャンパス、文化祭などへ親子で足を運び、わが子がその学校の雰囲気に合うかどうか見極める必要があります。

※ 好評につき、2017年2月にセミナー開催!
  『中学受験 基本のキ![新版]』共著者の話を直接聴ける
  【PDCAサイクルを自分で回せる子どもに】
  自己管理できる中学受験生の育て方

日経DUAL連載「共働き中学受験 基本のキ」「西村則康×小川大介の 受験生ママ&パパ駆け込み寺」でおなじみの経験豊富な2人の先生が、2020年の教育改革に向け中学受験がどう変わるのかという大きな流れから、シーンやタイプ別の中学受験に向けた親子の関わり方指南まで、ズバリ解説します。いち早く2017年中学受験速報・分析が聞け、子どものやる気と学力を伸ばすための適切な親の関わり方を見直す、両先生渾身のオリジナル受験準備キット付き。さらに、数々の難関校合格者を送り出してきた西村先生・小川先生に直接質問できる貴重な機会があるほか、行ってはいけない学校(塾)、倍率・偏差値など数字だけでは見えない志望校選びの判断基準など、このセミナー限定の裏話が聞けるチャンスも! “知ってはいるけれど、できない”を、確実に“これならできる”に変える2時間のプログラムです。参加者の方から抽選で西村先生、小川先生の個別相談クーポンをプレゼント。ぜひご参加ください。

★参加者特典 オリジナル受験準備キットの例★
□オリジナル・ワークブック
・【現状・課題の把握】親の性格セルフチェック/学習サイクルチェックシート
・【親の不安が40%減る!】子どものネガポジ変換表
・【3ステップで実践】学習習慣化ワークシート
・【小川先生オリジナル】低学年からPDCAを身に付ける「日常生活チェックリスト」
・「こんなとき どうする?」FAQ集<低学年or高学年>
□【後悔しない】志望校選びのためのワークシート
□【受験推薦図書】本当に役立つ教材と使い方ガイド
□2017年入試速報・分析 など

日時/2017年2月18日(土)
●10:00~12:00 【新小1~小4対象】
~低学年から差がつく!
 自信あふれる受験生に育てるために~
※まだ塾に通っていない方が対象になります
●13:30~15:30 【新小4~小6対象】
~2017年最新受験情報も!
 自分で合格していける受験生を育てるために~
※低学年でも既に塾へ通っている方はこちらにご参加ください

定員/各100名(申込先着順、定員になり次第締め切らせていただきます)
受講料/各10,800円(税込)
会場/富士ソフトアキバプラザ(東京・秋葉原) http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/map.html
JR秋葉原駅徒歩2分
講師/西村則康先生(家庭教師 名門指導会 代表)&小川大介先生(中学受験専門個別指導教室SS-1 代表)

「【PDCAサイクルを自分で回せる子どもに】自己管理できる中学受験生の育て方」は、こちらからお申し込みください。
↓↓↓
http://nkbp.jp/2g6eKKL

【告知サイト】
http://dual.nikkei.co.jp/pr/2017/0218semi/

※お申し込みにあたり、「親子が協力して成功するための役割を明確にする11の質問」にお答えいただきます。必須の記入項目とはしておりませんが、できる限りご回答ください。

次ページ 女子御三家の合否を決める「知識量」と...

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード