スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

重要なお知らせ

娘3歳のために海外学費5000万円を目標に貯蓄

「生活の質を上げたい」「子どもの進みたい方向を応援したい」――夫婦の夢を次々に具現化

「共働き家庭の資産運用って?」「今は貯蓄だけ…今後どうしたらいい?」「投資に興味があるけど調べる時間がない」など、「資産運用」について、DUAL編集部にたくさんの声が寄せられています。当連載では、資産運用をしているDUAL世代の方にご登場いただき、具体的な成果に加え、心境の変化、夫婦の会話など、赤裸々なレポートをお届けしていきます。(以下、本文中の人名は仮名。本文およびプロフィールは取材当時)

「素朴な共働き夫婦が2500万円を貯めた道のり」「家、旅行、教育…2500万円達成は夢から逆算で」に続く2組目は、3歳のお子さんが1人いる共働きのご家庭。700万円の貯蓄のほか、2010年からは夫婦で毎月、投資信託の積み立てをスタート。2014年には利益分の300万円を頭金に、念願だったマンションも購入。「自己流で株投資をして一喜一憂していたのが、投資信託の積み立てを始めて、安心できるようになりました」というご夫婦のストーリーをぜひご覧ください。「700万円貯蓄夫婦が高品質マンション購入するまで」に続く、後編です。

【取材したご家族】
鈴木良介さん(39歳)…外資系メーカー
  洋子さん(38歳)…一般事務
  娘(3歳)…習い事:ピアノ
 千葉県在住。2014年にマンションを購入。夫婦とも地方出身。世帯年収は1200万~1300万円。現在の資産は、投資・預貯金合わせて約2150万円。

「生活の質を上げたい」という夫婦の願いが叶った

良介さん 2009年からお世話になっているFP会社さんで、最初に「夫婦の夢を書き出して、それらを実現するにはお金がいくら必要で、そのためにはどう投資すればよいか考える」ためにあるシートに2人で記入しました。夫婦別々に書いたのですが、共通していたことの一つが「大きなリビングの家に住みたい」だったんです。

洋子さん 当時は子どももいなかったので、純粋に2人がかなえたい夢を書いていたんですよね。「毎年海外旅行に行きたい」とか。

良介さん 時間がたった今見返してみると、ずいぶん私利私欲にまみれてますよね(笑)。あのとき「夢」として書き出したものの中には、既にかなっているものも多くあります。例えば、「子どもが欲しい」とか「家を買いたい」とか。

 「生活の質を上げたい」というのもかなっていますね。あのときは「食べるものも着るものも、無駄なものを買わず、本当に納得できたものだけを買いたい」という思いが強かったですね。「自分達のこだわりをきちんと持つ」というのも目標にしていたので、今はそれも満たしているなと感じます。

洋子さん 本や洋服、靴、パソコン、食器雑貨など、家の中の物がとにかく多かったんです。一応収納することはできているけど、持っているもの全部を把握できていないほどでしたから。

良介さん たくさん買っているつもりはないけど、捨てられない。私なんて、かれこれ20年くらい着ているトレーナーがあったり(笑)。

洋子さん 中学時代の洋服もあるもんね(笑)。

良介さん このパーカーのペンも22年くらい前に買ったもの。今は妻が使っていますけど、二人とも“捨てられない病”なのかもしれません。

洋子さん 賃貸から賃貸へ引っ越ししたときに持ち物をかなり処分したのですが、それでもまだたくさんあって。昨年マンションを買って引っ越したときに、さらに処分しました。今は65平米くらいなのですが、子どもの遊べるスペースもあり、置いてあるものも厳選できてかなりすっきりしました。

良介さん 生活全体が私達の“理想形”に近づいてきていると感じますね。

鈴木さん夫婦が夢を整理するときに使った「ファイナンシャルロードマップ」
鈴木さん夫婦が夢を整理するときに使った「ファイナンシャルロードマップ」

次ページ 外資系企業勤務で退職金がないため、老...

連載バックナンバー

夢を叶えるDUALファミリー

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード