スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

在宅勤務の普及を邪魔するのは、カルチャーの壁

仕事

在宅勤務の普及を邪魔するのは、カルチャーの壁

治部れんげ/「他部署からの嫉妬」「セキュリティー管理が厳しい」……。生産性を高めるために、本当にすべきこととは?

外資系企業でも、日系企業でも、実は働き方に大差はない

 私が彼から期待されていることは、契約書に明示されています。「外資はジョブディスクリプションがはっきりしている」と思っていたら、意外にそうでもなく、「こんなことをしてほしい」という要望は随時寄せられます。

 外資といってもスタートアップ企業なので状況はどんどん変化します。そういう中、「ジョブディスクリプションに書いていないことはやりません」という態度ではダメで、やはりゴールを共有した者同士、できる限り頑張る、という姿勢や、お互いの信頼は必要です。

 そう考えると、「日本のホワイトカラーの仕事に近いなあ」と思えてきます。目標の共有とか、信頼といったような、不定形な仕事をチームで進めるときに必要なことは、外資も日本企業も差はないのかも……。いずれにしても、彼らと一緒に働くうちに、「日本のホワイトカラーの仕事だって、もっと柔軟にできるはず」という思いが確信に変わってきました。

 あえて社名を挙げませんが、テレワーク(が許可されない理由)について話をすると、日本のそうそうたる企業の問題点が浮かび上がります。ある人は、日本を代表するテクノロジー系企業の研究部門に勤務していました。その部門はフレックス勤務ができることになっていましたが、他の部署はフレックスではないので、その部署の人だけフレックスだと「ずるい」という理由で、他の皆と同じ決まった時刻で働いていたと言います。

 頭脳勝負で働く人達が、他部署の嫉妬のせいで縛られた働き方をせざるを得ないとは……。この企業は新しい製品やサービスを生む発想より、社会主義的な平等を重視しているのでしょうか。

「セキュリティー管理の厳しさ」の正当性も、一度は疑ってみる

 「うちの会社(業界)はセキュリティー管理が厳しいから、テレワークもフレックスも無理」という話も、よく聞きます。ただ、そのセキュリティーは本当に必要なものなのか、考える必要があります。単に監督官庁が惰性で縛っているだけではないのでしょうか。多様な人の能力を活用することより、ガラパゴスなルールや規制のほうが大事なのでしょうか。試しに、外国にある同業の会社と比べてみると、驚くほどフレキシブルに働いていることがあります。

 冒頭に記した雪と雨で交通が乱れた日の午後。研究員として所属している女子大で、就職先としておすすめの企業に関する調査報告会が開かれました。管理職に占める女性比率、フレックス制度の有無などデータを基に分析した調査です。

 私は自分の報告をする際、思わず「ここに書かれている制度だけでなく、今日、こういう日に、3時間、4時間かけて通勤することが当たり前ではない企業、こういう日は自宅で作業することが当たり前の企業が、本当の意味で男女ともに働きやすい企業です」と言ってしまいました。参加した女子大生に意図が伝わっていることを祈りつつ。

治部 れんげ

治部 れんげ

昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社入社。経済誌の記者・編集者を務める。その間、2006~07年フルブライト・ジャーナリストプログラムで米国留学。ミシガン大学客員研究員としてアメリカの共働き子育て先進事例を調査。14年からフリーに。国内外の共働き子育て事情について調査、執筆、講演などを行う。著書『稼ぐ妻・育てる夫―夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)、『ふたりの子育てルール』(PHP研究所)。息子(小学生)と娘(幼稚園児)の母親。家事・育児を夫婦で半々に分担しながら、核家族の共働き子育て8年目。考え方の基本は「大人に市場主義、子どもに社会主義」。東京都男女平等参画審議会委員、日本政府主催の「国際女性会議WAW!」アドバイザーズメンバー、一般財団法人女性労働協会評議員などを務める。Twitter:@rengejibu

連載バックナンバー

治部れんげの「怒れ!30代」

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード