スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

勇気づけとは、困難を克服するチカラを与えること

子育て・教育

勇気づけとは、困難を克服するチカラを与えること

勇気づけられている人は、「しんぱい」より「しんらい」できるようになる

 皆さん、こんにちは。株式会社子育て支援の代表取締役、熊野英一です。先月まで「~ワーキング・マザーのためのアドラー心理学 入門~ 自分を勇気づけて、仕事でも家でも輝く」というタイトルで、6回にわたってアドラー心理学をベースに「自分を勇気づけることの大切さ」をお伝えしてまいりました。

 今回のコラムからは「他者を勇気づけることの素晴らしさ」をお伝えすることに軸足を移し、これに伴いタイトルも「~ワーキング・マザーのためのアドラー心理学 入門~ 周りを勇気づけできる人になる」と変更してお届けしてまいります。

 今回は、2016年4月5日に発売された私の著作『アドラー 子育て・親育てシリーズ 第1巻 育自の教科書 ~父母が学べば、子どもは伸びる~』(アルテ刊)で触れている内容を再編しながら、勇気づけに欠かせない「共感力」について考えていきたいと思います。

 子どもや夫、共に働く仕事仲間など周囲の他者を<勇気づけ>することは、何がそんなに、素晴らしいのでしょうか?

 それは、あなたが周囲の他者を勇気づけることで、彼らが逆にあなたを勇気づけてくれるようになるからです。勇気づけられた状態にある人は、勇気がくじかれた状態にある人にくらべて、どんな状況でも心が穏やかでいられる時間がより長くなります。

 勇気づけられている人は、自分のことも、他者のことも、何が起こるかわからない未来のことまでも、「しんぱい」するよりも「しんらい」することができるから、心の平穏を保てるのです。たった一文字、「ぱ」を「ら」に変えるだけで、相手もあなたも、ずいぶんと違う心持ちになるものです。ぜひ、このコラムを通して皆さんにも、勇気づけの素晴らしさを体感いただきたいと考えています。

2方向の「信頼」――対自分&対他者

 愛する家族や、友人、会社の上司・部下・同僚、取引先などから無条件の信頼を寄せられたら、あなたはきっと嬉しいでしょう。同じように、あなたが彼らに対して無条件の信頼を示せたら、確実に彼らは嬉しい気持ちになります。

 でも、「誰かを無条件で信頼する」って、実はとてもハードルが高いものです。

次ページ  「常に、共感ファースト!」 共感こ...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

熊野英一

熊野英一

アドラー心理学に基づく「相互尊敬・相互信頼」のコミュニケーションを伝える〈親と上司の勇気づけ〉のプロフェッショナル。全国での多数の講演や、「日経DUAL」「朝日おとうさん新聞」などでのコラム執筆等を通して活発な情報発信も行う。 1972年フランス・パリ生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。メルセデス・ベンツ日本にて人事部門に勤務後、米国Indiana University Kelley School of Businessに留学(MBA/経営学修士)。製薬企業イーライ・リリー米国本社及び日本法人を経て、保育サービスの株式会社コティに統括部長として入社。約60の保育施設立ち上げ・運営、ベビーシッター事業に従事。2007年、株式会社子育て支援を創業、代表取締役に就任。2012年、日本初の本格的ペアレンティング・サロン「bon voyage 有栖川」をオープンし、自らも講師として<ほめない・叱らない!アドラー式の勇気づけ子育て>を広めている。2016年4月に初の著書「アドラー 子育て・親育てシリーズ 第1巻 育自の教科書 ~父母が学べば、子どもは伸びる~(熊野英一 / アルテ)」を発刊。日本アドラー心理学会正会員。

連載バックナンバー

アドラー心理学入門 周りを「勇気づけ」できる人になる

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード