スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中学受験のプロがあなたの悩みに答えます!

子育て・教育

中学受験のプロがあなたの悩みに答えます!

面談で分かる先生の力量。その先生はあなたのお子さんをちゃんと見ていますか?

去る12月3日、本連載の内容を基にした中学受験必読本『中学受験 基本のキ! 新版』の発売を記念して、著者の西村則康先生と小川大介先生による中学受験セミナー「本番で勝てる中学受験生の育て方』が開催されました。本連載ではその内容を3回にわたってご紹介します。最終回となる今回は、中学受験を目指す家庭からよく相談される悩みと、それに対するプロのアドバイスを西村先生と小川先生にしてもらいました。

【『中学受験基本のキ! 新版』発売記念セミナー】の記事はこちら
第1回 難関中学の入試ってどんな問題が出るの?
第2回 意外と侮れない! 子どものタイプと塾の相性
第3回 中学受験のプロがあなたの悩みに答えます! ←今回はココ!

「宿題に取りかかるのが遅い」「テストの成績が下がった」を解決!

セミナー会場の様子
セミナー会場の様子

 一般的に小学校3年生の2月から大手塾に通い始め、約3年間かけて準備をする中学受験。その間、すべてが順調という家庭はまれで、多くの家庭では大なり小なりの悩みを抱えていることでしょう。中学受験のプロ家庭教師・西村則康先生と、中学受験専門の個別指導塾を運営している小川大介先生のもとには、様々な悩みを相談にやってくる親御さんが後を絶ちません。

 今回はその中でもよくある相談を取り上げ、理想の対策をアドバイスしていただきました。もちろん、子どもは一人ひとり性格が違うので、すべてにおいて当てはまるというわけではありませんが、ぜひ参考にしてみてください。

【相談1】「うちの子、宿題に取りかかるのが遅いんです! 毎日、見ているとイライラしてしまって……」

【西村先生のアドバイス】

西村則康先生
西村則康先生

 宿題にすぐに取りかからない子というのは宿題に対して「大変だ」「あ~、イヤだな」などというマイナスのイメージを持っています。でも、皆さんもこんな経験をしたことはありませんか? 山積みの仕事が目の前にあると、今すぐ取りかからなければならないことは分かっているのに、なかなか気が進まず途方に暮れてしまう。でも、一つ片付けたら気分が乗ってきて、その後はぐんぐんはかどったりするものです。子どもの宿題もそれと同じ。始めるきっかけを作ってしまえばいいのです。

 まずは短時間で終わりそうな簡単な計算から取りかからせてみましょう。10分ほどで終わったら、「わー、すごい! こんなに速く計算ができるようになったんだ。感心しちゃう」と少し大げさに褒めます。すると、子どもは気分がよくなり「じゃあ、こっちの宿題もやろうかな」と自分から進んで勉強をするようになります。

 大事なのはきっかけ作りです。

【相談2】「毎日一生懸命勉強しているのに、テストの成績が急に下がってしまいました。どうしたらいいのでしょう?」

【小川先生のアドバイス】

小川大介先生
小川大介先生

 親御さんにとってはとても深刻な悩みだと思います。でも、私なら「それを今気づけてよかったですね」とお伝えします。「一生懸命勉強をしているのに、成績が急に下がった」ということは、これまでの勉強が通用しなくなったことを意味します。親御さんが心配になって相談に来たのは、その異変に気づいたということです。そして、それはこれまでの勉強のやり方を変えるチャンスのサインでもあります。

 4年生までの勉強は、いわゆる基礎学習に当たり、例えば算数であれば公式さえ分かっていれば解ける問題が出題されます。また、理科、社会においては暗記でどうにかなります。しかし、5年生になると応用問題や発展問題が出てくるため、ただ暗記するだけの勉強では通用しなくなってしまうのです。知識を定着させるには「なぜそうなのか?」という理由をきちんと説明できるまで、自分自身が納得できている状態でなければなりません。

 また、学年が上がるにつれて、知識だけではなくその知識を使って考える力が求められるようになります。そのときに必要なのが、西村先生がよくお話になる自問自答です。問題を読んだ後、「今何が分かっているの?」「何が聞かれているの?」「何を書けば解けそう?」と自分自身に問いかけながら、思考を整理し、考える癖をつけさせましょう。こうして学び方を変えていくことが大事なのです。

※ 好評につき、2月にセミナー開催!
  『中学受験 基本のキ![新版]』共著者の話を直接聴ける
  【PDCAサイクルを自分で回せる子どもに】
  自己管理できる中学受験生の育て方

日経DUAL連載「共働き中学受験 基本のキ」「西村則康×小川大介の 受験生ママ&パパ駆け込み寺」でおなじみの経験豊富な2人の先生が、2020年の教育改革に向け中学受験がどう変わるのかという大きな流れから、シーンやタイプ別の中学受験に向けた親と子の関わり方指南まで、ズバリ解説します。

日時/2017年2月18日(土)
●10:00~12:00 【新小1~小4対象】
~低学年から差がつく!
 自信あふれる受験生に育てるために~
●13:30~15:30 【新小4~小6対象】
~2017年最新受験情報も!
 自分で合格していける受験生を育てるために~

定員/各100名(申込先着順、定員になり次第締め切らせていただきます)
受講料/各10,800円(税込)
会場/富士ソフトアキバプラザ(東京・秋葉原) http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/map.html
JR秋葉原駅徒歩2分
講師/西村則康先生(家庭教師 名門指導会 代表)&小川大介先生(中学受験専門個別指導教室SS-1 代表)

「【PDCAサイクルを自分で回せる子どもに】自己管理できる中学受験生の育て方」は、こちらからお申し込みください。

↓↓↓

http://nkbp.jp/2g6eKKL

【告知サイト】
http://dual.nikkei.co.jp/pr/2017/0218semi/

※お申し込みにあたり、以下の「親子が協力して成功するための役割を明確にする11の質問」にお答えいただきます。必須の記入項目とはしておりませんが、できる限りご回答ください。

※ 大好評の日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ!』の[新版]が出版されました!

昨年発売し、ご好評につき3刷りした書籍『中学受験 基本のキ!』(日経BP社)の[新版]が2016年10月18日に発売となりました。本書では「中学受験に興味はあるけれど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までのお子さんと親御さん向けの情報が満載です。中身も共著者により、最新情報に更新され、併願パターンは74校の学校が登場する充実ぶりです! Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書を、ぜひお役立てください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』 発売!
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する

●Amazonで購入する

次ページ 「自信喪失中」「反抗期!」子どものメ...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UPPR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード