スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

仕事

子どもとの時間を増やしたいときの「すぐの法則」

午前中は会議を入れない、メールは見たらすぐ返信…時間管理術満載!

 前回の記事「池田千恵さん伝授! テンパり系ママの時間術」では、時間が足りなくなるイライラスパイラルと時間管理がうまくいくスッキリスパイラルについて説明をした。今回は、イライラスパイラルの人がスッキリスパイラルになるためにどう変わるべきか、具体的なノウハウを紹介しよう。

 ※この記事はハイスキルマザー向けの仕事紹介事業を行うWarisが10月20日に行ったセミナー内容に基づいて作成しています。

◆講師
 図解化コンサルタント/池田千恵さん

 ワタミ、外資系コンサルティング会社を経て09年に独立。始業前の時間を有効活用する大人の遊び場「Before9プロジェクト」を主宰。朝時間の活用と図解による思考整理術を駆使した目標達成術を広く発信中。著書に『「ひとり時間」ですべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)などがある。http://www.ikedachie.com/

 スッキリスパイラルになるために、まず以下のステップを試してほしい、と池田さんは言う。

STEP1:朝起きてから出社するまで、仕事終了後から寝るまでのやっていることをどんなささいなことでもいいので書き出す
(一般的な大学ノートでもOK)

STEP2:記入後、1テーマ1付せんで作業内容と所要時間を書いていく。
(例:洗濯物をたたむ/10分、朝食の準備/20分など)

STEP3:本当はやりたいのにできていないことを、所要時間も含めて別の色の付せんに書いていく。
(例:運動する/1時間、子どもと遊ぶ/30分など)

STEP4:付せんに書き出した項目を所要時間と自分にとっての重要度でマッピングしてみる。

 付せんをマッピングしていくと……

 ここでのポイントは、表の中に書き出したすべてをやろうとしないことだ。「自分にとって重要度の高い上の二つだけできていれば十分なのです」と池田さん。

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード