• 入学式の夜は、名前付けに追われた。あまりの多さに共働き母としてぞっとしつつ、落とし物に悩まされる校長としては納得がいくという、板ばさみの心境だ

    私の余裕の無さは、5月25日に開催予定の「創立140周年記念式典」のプレッシャーにもある。お約束の航空写真、舞台裏を初めて見た。児童と保護者・地域の方にも参加してもらって校章を描いた