スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

絵心のないパパが10秒でかわいい顔を描く方法

子育て・教育

絵心のないパパが10秒でかわいい顔を描く方法

絵に自信がないパパ・ママ必見! 3つのポイントを押さえて落書きで子どもを喜ばせる

 「ねえ! パパ! 絵、描いて!」

 この言葉、子どもから一度は言われたことがありませんか。

 「ねぇ~~、描いてよ~~」という子どもの素直で真っすぐ過ぎる「むちゃぶり」に泣かされたことのある方も多いでしょう。

 もちろん、私もその一人です。絵心とかそういう問題ではなく、根本的に「何かを自分の手で描く」こと自体が苦手です。人生で絵を描いたことなんて、学生時代の授業以外にありません。

「絵が下手」で結構! 見えを捨てれば上手になれる

 大人ならではの色々な思考(まず、何を描けばいいのか、どんな表情がいいのか、設定は…など)が邪魔をして描き始められず…、何とか描き始めたとしても、もうっ! 下手過ぎて見せられるものではないっ!

 大人って予想以上に見えっ張りですね。「上手な絵を描かなきゃいけない」という“勝手な”思い込みがあるから、恥ずかしくてペンが進まないわけなんです。

 子どもはクオリティーの高さを必ずしも求めているわけではないようです。そして、分かりました。「絵を描くことは、コミュニケーションの一つにすぎない」と。

 「パパって、絵を描くの下手だよね!」

 上等です。下手なりにそこからできることがあるのです。問題は、「その絵を使ってパパは子どもとどう遊べますか?」という部分なのです。

 今回は、「絵心のないパパが落書きで子どもを喜ばせる方法」と「落書きを通じた子どもとのコミュニケーション」について紹介します。


ラクガキでこの世界を面白く!

 私の落書きテクを加速させてくれるきっかけとなったのが、「ハッピーラクガキライフ」という勉強会です。絵のクオリティーを高める勉強会ではなく、あくまで「落書きを楽しむ」ことが最大のテーマ。

 2児のパパでもある主催者のタムカイさんは、「大人も子どもも絵を描く楽しさを知ってほしいのはもちろん、ラクガキを通してもっと柔軟で自由な発想ができるようになって、この世界を面白くしてほしい」という想いを込めて、この勉強会を始めたんだとか。

 それでは、私がこの「ハッピーラクガキライフ」で学んだ、いくつかのポイントを紹介します。

次ページ 絵を描く前のウオーミングアップは線を...

連載バックナンバー

“ガチ”な共働き夫の「おとこ育児」万歳!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード