スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

月7万円も保険料を支払う夫婦の家計事情

お金

月7万円も保険料を支払う夫婦の家計事情

家を買った直後に単身赴任、育休中に企業年金制度が変更——そんなDUAL世帯の家計見直し術

 今の共働き世代は、どんな考え方やライフプランを抱いて、家を買おうとしているのでしょうか? ファイナンシャルプランナーの中嶋よしふみ氏が、レッスン・相談に訪れる人たちの等身大の姿をリポートします。

 

 先日愛知から来店いただいたのは、池田ご夫妻(仮名)。お子さま2人を連れての上京だ。現在は家族4人で愛知県に住んでいるというが、9月からは奥さまが仕事復帰のため東京に戻って住むことになり、だんなさまが単身赴任状態になるという。ちょっと複雑な状況だが、ご夫妻のデータを確認しよう。

年収:夫婦合わせて1400万円
夫(35歳):1000万円 大手自動車メーカー・設計部門勤務
妻(33歳):380万円(時短勤務で復帰した場合。現在は育児休業中のため収入ゼロ) 大手自動車メーカー子会社・システム管理

家庭の状況
結婚6年目。5歳と2歳の女の子がいる

■住居
:愛知県の社宅(家賃2万円)
:2013年に購入した都内のマンション
価格5500万円(頭金2500万円。2000万円は両親からの借り入れ、500万円は夫婦の貯金)
住宅ローン3000万円(フラット35、返済期間35年、金利1.29%だが0.5%優遇期間中)
毎月の返済額約9.1万円+親に5万円

資産
現在の貯金額 600万円
毎年の貯金額 200万円(出産前の数字。奥さまの時短勤務時はもう少し減る)
投資信託 約150万円分(日本株・インド株などの投資信託)
確定拠出年金(妻) 約120万円分(株や外貨で運用する投資信託、預金など)

レッスン・相談の内容
 住宅購入直後に夫の転勤が決まり、生活拠点が2つになってしまったため支出が増えた。現在は妻が育児休業中のため家族4人とも愛知の社宅で生活しているが、9月からは妻と子ども2人が東京に戻り、来年4月から仕事に復帰予定。
 家計の管理をあまり考えてこなかったので、見直しをしたい。繰り上げ返済と資産運用についても確認したい。

妻は東京で育休復帰、夫は愛知で単身赴任

シェアーズカフェ中嶋(以下、中)本日は遠くからご来店いただきありがとうございます。今は夏休みですか?

妻 ええ、今回の相談に合わせて夏休みを夫に取ってもらって、東京に戻ってきました。今は東京に持ち家があるので、そこで生活というか滞在しています。9月からは夫が単身赴任状態で愛知に1人で住むことになっています。

中 奥さまは育児休業中ということですね?

妻 来年4月までの2年間という、ちょっと長めの育休です。手当がもらえるのは最長で1年半でしたっけ。なので会社の制度で休みは取れていますけど、手当はないので完全に収入ゼロの状態です。本当は今年の4月に復帰する予定だったんですけどね。

夫 1年ちょっと前に東京に家を買ったのですが、その直後に、僕が東京から愛知に転勤が決まってしまいまして。

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

世間まるごとHow much?

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード