スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

認定こども園は「主婦家庭が損をする仕組み」だった

子育て・教育

認定こども園は「主婦家庭が損をする仕組み」だった

働く母の立場からあえて言いたい。共働き家庭が「待機児童」だけでなく、「子ども向けの財源」に目を向けたほうがいい理由

共働き家庭と片働き家庭が争うのは、戦略的に間違っている

 本稿でお伝えしたいのは、子どもを取り巻く諸問題を考える際に、共働き家庭と片働き家庭が争うのは、戦略的に間違っている、ということです。なぜこんなことが起きるか、根本原因は子ども向けの財源が少ないから。小さなパイを巡って、共働きと片働きが争うのはあまりにばかげています。そもそもの問題は、パイが小さいことなのですから。

 消費税が8%に上がったとき、政府のうたい文句は「全額社会保障に使われます」でした。当時、よく見たポスターの写真には、赤ちゃんを抱いた人が笑顔で写っており、増税は子育て支援のため、という印象を受けました。

 ところが実状を見ると、社会保障4経費の中身はほとんど高齢者向けです。年金11.7兆円、医療11.2兆円、介護2.8兆円、そして子ども・子育て支援2.0兆円。これを知ったとき、「あのポスターは世論操作だったんだな」と思いました。日本の国家予算の大半が高齢者のために使われている事実から目をそらしたかったのでしょう。

 私達が働き、買い物をした際に払う税金は、国や地方自治体の“巨大なお財布”に集められます。財政と言うと小難しい感じがしますが、実態は私やあなた、みんなのおカネを集めた巨大財布。そこに入っているおカネの使い道を決めるのは、政治です。政治は数の論理で決まることは、皆さんがご存じの通りです。

 だから、少子化で子どものいる世帯が減る中、親が一人働いているか、二人働いているかで対立するのは、間違っています。それは、仲間割れのようなもの。「子どもの将来を真剣に考えるなら、もっと子どもに予算を使ってほしい」という意思を、私達親は明確に示さなくてはいけません。そのとき、共働き家庭と片働き家庭は「子ども第一」という共通目標に向かい協力する同士であるはず。

 ママが働いているかどうか、子どもが保育園に通うか幼稚園に通うかといった、小さな違いで分断され、いがみ合っている余裕はないのです。

「高齢者VS若者・子ども」の対立構造も不毛。必要なのは、世代間協力

 最後に大事なことを一つ、付け加えたいと思います。財政の問題を論じると「高齢者VS若者・子ども」の対立構造になりがちですが、これもまた、不毛です。多くの高齢者は誰かのおじいちゃん・おばあちゃん。孫の世代の幸せにつながる問題は、話せば分かるのではないでしょうか。ちょうど『文藝春秋』(2015年11月号)で児童文学作家の中川李枝子さんと対談した映画監督の宮崎駿さんの次の発言を読み、励まされる思いがしました。

 「国が子どもたちに財源を使い、覚悟してゆとりある保育園を作ったら、日本はきっといい国になる。僕は年寄りの代表として(笑)、年寄りから子ども達にお金を回してほしいと思います」

 こういうふうに考える高齢者の方々と私達子育て世代が協力し、政治を動かし、税金の使い方を次世代優先に変えていくこと。それが、遠回りなようで、私達が働きやすい環境をつくる正攻法ではないでしょうか。

この記事の関連URL
・内閣府子ども・子育て支援新制度施行準備室「子ども・子育て支援新制度の施行準備状況について」
 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/syakaihosyou_kaikaku/dai2/siryou2.pdf
・財務省「消費税の使途」 https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/122.htm

◆共働きママパパにおすすめの記事は……

子どもの習い事で失敗、後悔! やらせたかったのは

わが子の習い事を決めるのは難しいもの。そこでDUAL読者の「早く始めればよかった」「トラウマになった」という失敗談と、だからこそ始めたほうがいい習い事をお伝えします。

立ち歩き、暴言暴力 小学校の学級崩壊はなぜ起こる

先生1人がしゃべっていて、聞いているのは3~4人。あとの子たちは寝る、トランプで遊ぶ、マンガを読む、ヘッドホンで音楽を聞く……。どこでも起こり得る問題「学級崩壊」の実態やその理由について、専門家が解説します。

治部 れんげ

治部 れんげ

昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社入社。経済誌の記者・編集者を務める。その間、2006~07年フルブライト・ジャーナリストプログラムで米国留学。ミシガン大学客員研究員としてアメリカの共働き子育て先進事例を調査。14年からフリーに。国内外の共働き子育て事情について調査、執筆、講演などを行う。著書『稼ぐ妻・育てる夫―夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)、『ふたりの子育てルール』(PHP研究所)。息子(小学生)と娘(幼稚園児)の母親。家事・育児を夫婦で半々に分担しながら、核家族の共働き子育て8年目。考え方の基本は「大人に市場主義、子どもに社会主義」。東京都男女平等参画審議会委員、日本政府主催の「国際女性会議WAW!」アドバイザーズメンバー、一般財団法人女性労働協会評議員などを務める。Twitter:@rengejibu

連載バックナンバー

治部れんげの「怒れ!30代」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード