スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

不承諾通知が来た 待機児童になったらすべきこと

(上)認可保育園を「待機」しつつ、通える認可外保育施設を探す

 2月に入り、早い自治体では認可保育園の「承諾・否承諾通知」が届き始めています。頑張って準備をして申し込んで、「承諾」の通知が来ればそこで保活はひと段落。でも「不承諾」で認可保育園に入れなかった場合、ママ&パパはどう行動すればいいのでしょう。不承諾通知が来たらすぐにすべきことを、DUALのムック『保育園に入りたい!2017年版』より、上中下3本の記事で紹介します。

 認可保育園への4月入園の申し込みをしたら、いったいいつ、どのような形で結果はわかるのでしょうか。そして、もし、入園できなかったらどうすればいいのでしょうか?

「不承諾通知」が届いたらすぐに対応する必要がある

 4月入園の場合、認可保育園の入園申し込みの結果、つまり合否結果の通知(正確には「内定通知」や「不承諾通知(保留通知)」などといいます)が送られてくるのは、早いところで2月上旬、遅いところで3月上旬と、自治体によって幅があります。

 もし「不承諾通知」が届いてしまったら、希望したどの認可保育園にも入れなかったということですので、4月から復職を予定している人は、すぐに対応する必要があります。

 一般的な順に、対応を挙げましょう。

① 認可外保育施設など、4月からのほかの預け先を探す。

② 勤務先に復職を延期してもらう(法律により1歳半までは育児休業を延長できます)。

③ 通える範囲の認可の保育施設(認可保育園、認定こども園、小規模保育、家庭的保育など)で二次募集がある場合は応募する。

 ①と②の場合は、認可の「待機児童」になり、5月以降に認可の希望園の希望クラスに欠員が発生して選考会議が行われる際には、その対象となります。

4月だけじゃない! 年度途中でも入園のチャンス

 認可保育園へは本来、前月の中旬までに申請すれば翌月の1日から入園できるのですが、待機児童が多い自治体では、卒園・進級のある4月でなければ入園しにくくなっています。このため、認可に入るチャンスは年に1回しかないという誤解があるようですが、実際には、4月以外でも引っ越しや転勤、退職などの親の都合による退園や転園は結構あるので、待機していれば、年度途中にも入れるチャンスはあります。

 特に、認可外保育施設(認証保育所や横浜保育室も含む)に預けられている子どもは「加点」(優先順位を上げるための調整指数)がもらえるので、入園選考で有利になります。

 「不承諾」になった場合は、自動的に「待機(保留)」の扱いになるのが普通です。認可外保育施設に入った場合、役所から、「認可外保育施設に入られたのでしたら、認可保育園への入園申請は取り下げますか?」などと問い合わせがある場合がありますが、認可に転園したいと考えている場合は、取り下げてはいけません

 また、入園申請の保留は大抵6カ月までとなっているので(期間については役所に問い合わせる必要があります)、その期間内に入園できなかった場合は、入園申請を出し直さなくてはなりません。

認可外保育施設の申し込み 認可に落ちてからでは遅い?

 「保育園を考える親の会」の調査によれば、東京都心部(23区)の場合、認可保育園に入園申請をした人のうち、入園できているのは平均して6~7割程度です。ひどいと4割前後しか入れていないところもあります。

 入園競争の激しい地域では、認可の結果が出てから認可外を探していては手遅れになります。認可の申請前に、なるべく早く、認証保育園などの、自治体の助成を受けている認可外保育施設に申し込みをしておくのが理想的です。

 ただし出遅れてしまったからと諦める必要はありません。すぐに行動を開始し、通えるところを見学して、安心できそうなところが見つかったら、保育料(別途料金にも注意)もチェックし、入園を予約します

 ここで問題になるのが、入園者の決定の方法や予約金などです。施設ごとにいろいろなやり方があります。

 認証保育所や横浜保育室などでは、先着順(申し込み順)のところが多いようですが、独自の基準を設けて入園選考を行うところもあります。また、「認可に申し込まずに専願にするなら、今すぐに入園を決定する」と言われたり、「予約金として入園金を入れてください。認可に決まった場合は返金しません」と言われたりする場合もあります。

 自治体から補助金を受けている施設で、こういった条件を付けることの是非は問われなくてはなりませんが、それはさておき、子どもの預け先を探している立場からすれば、認可への入園の可能性を考えて、迅速に判断するしかありません。入れない可能性がとても高い場合には、いったんこれらの認可外に入園し、認可の入園選考での「点数」を上げて認可の入園に再チャレンジするのも1つの方法です。

 ただし、保育の質が心配なところに無理して入れても、不安のあまり仕事を続けられなくなることもありますので、見学をして信頼できるところを選ぶ必要があります。

認証保育園が100人待ち!? でも諦めないで

 前述の通り、認可保育園の待機児童が多い地域では、認可保育園を希望する人の多くが、入れなかったときのことを考えて認証保育園などの認可外に予約申し込みをしています。つまり、その人たちは、認可に内定した場合、認可外のほうは辞退します。さらに、認可外にいくつも重複して申し込みをしている人も多いので、どれか1つの認可外に入園を決定した場合も、ほかは辞退します。

 そのため「100人待ち」と言われていた認証保育園から「入れます」と連絡があったと驚く人もいます。待ち人数が多いと言われても、希望を失わずに予約しましょう

 認可保育園の待機児童になったら

□ 認可外保育施設など4月からの預け先を探す。もしくは育児休業を延長
□ 認可保育園で二次募集がある場合は応募
□ 認可外の申し込みは認可保育園申し込みと同時進行が理想
□ 認可外の「100人待ち」は重複申し込みも含む。諦めずに予約

(本文/普光院亜紀 イメージカット/吉澤咲子)

日経DUALのムック
これ一冊で保活がわかる!
「保育園に入りたい!2017年版」(税込1200円)

●日経BP書店で購入する 

●Amazonで購入する

連載バックナンバー

「待機児童」になったら

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード