スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

働くママが涙 「こども食堂」に親子で出かけてみた

趣味

働くママが涙 「こども食堂」に親子で出かけてみた

子どもの孤食を防ぐだけでなく、ママにとっても救いに。先輩ママとの会話の後、号泣してしまった…

 小学1年生の男の子と保育園年少の女の子を育てるデュアラーママでアナウンサーの安田美香さんが、子どもと一緒にお出かけして「また行きたい!」と思うイベントや場所をリポートするこの連載。第2回はこども食堂に行ってみました。こども食堂は経済的に厳しいご家庭だけでなく、実はデュアラー家庭にとっても力強いサポーターになるのかもしれません。

うちの子も、こども食堂に行っていいの?

 「こども食堂、始めます。ぜひ来てくださいね」という1枚のチラシが、保育園からのお便りの中に入っていました。

 皆さんは、こども食堂に行ったことがありますか?

 こども食堂とは、家庭の事情で1人ぼっちで食事を取らなくてはならない子どもに、温かい食事を提供する場所。子どもが1人で入ることができ、食事だけでなく、子どもが安心して過ごすことができるコミュニケーションの場としての役割を持っています。東京都大田区の「気まぐれ八百屋だんだん」が第1号といわれ、ここ2~3年で広がり、今やその数は全国に400カ所以上、安田が住んでいる世田谷区にも30カ所あるといわれています。(2017年5月現在)

安田 でも…うちの子が行ってもいいのだろうか?

 わが家は裕福とはいえませんが、夫婦共働きでなんとか生活ができております。「こども食堂=経済的に厳しいご家庭のお子さんが利用する場所」という、漠然としたイメージしか持っていなかった私は、正直最初は戸惑いました。

 ですが、チラシには「保護者の帰りが遅く、孤食になりがちなお子さんを対象に、みんなで食事をしたり、宿題をしたり、遊んだりする場所です。お気軽にお申し込みください」と書いてあります。

安田 「こども食堂」って、いったいどんな場所なんだろう? 思い切って、6歳と3歳の子どもを連れて、お出かけしてみました!

次ページ 台所でお料理していたのは、意外にも…...

連載バックナンバー

安田美香のDUALなリアルリポート

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

ピックアップ

-PR-

注目キーワード