スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

心の葛藤「子どもとの関係」で解決しようとする毒親

子育て・教育 有料会員限定記事

心の葛藤「子どもとの関係」で解決しようとする毒親

【もしかして、わたし毒親予備軍? 特集】(2)毒親になりやすいのはどんな人? 毒親かどうかのセルフ・チェック法

 「毒親」という言葉をご存じでしょうか。様々な定義がありますが、虐待や暴言、ネグレクト、過干渉などで、子どもを不幸にするような行動をする親のことを指します。ここ数年、書籍やメディアなどでもよく目にするようになったこの言葉。ただ、言葉は違っても「毒親」自体は、ずっと以前から存在したと言われています。

 子育て真っ最中のDUAL読者のなかには、「毒親」に育てられた苦しみを抱えていたり、自らの子育てにおいて「私って毒親?」と心配になっていたりする人も、多くいると思います。DUAL5月号では、そんな毒親について特集として取り上げ、「毒親」になってしまう理由や、その苦しみからの脱却方法などについて、考えていきます。

 特集第2回は、毒親についての基礎知識を紹介します。話を聞いたのは、心理学を専門とする加藤諦三教授。現在、早稲田大学名誉教授/ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員である加藤先生は、心理学的側面から、より良い親子関係を築くヒントを説いた著作を、多数、発表しています。毒親とは何なのか。なぜ、毒親になってしまうのか。その根本原理から、ひもといていきます。

【もしかして、わたし毒親予備軍? 特集】
第1回 「親が毒親だった」「自分が毒親かも」いずれも7割
第2回 心の葛藤を「子どもとの関係」で解決しようとする毒親 ←今回はココ
第3回 あなたも例外ではない!毒親予備軍からの脱出法
第4回 共働きっ子から親への反発 負い目に苦しめられる
第5回 親から子、孫へ…毒親の負の連鎖を断ち切る方法

毒親の定義と根本原理

 毒親について知るべく、今回訪ねた加藤諦三教授は、『子供にしがみつく心理』(毎日新聞出版)、『子どもと心の通う親 なぜかスレ違う親』(青春出版社)など、親子関係に関する著作を多数発表している心理学の専門家。また、ラジオの人生相談を約50年にもわたって務めており、数多くの人の親子関係・家族の悩みに耳を傾け、アドバイスをおくってきた。


加藤諦三氏 1938年、東京生まれ。東京大学教養学部卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。早稲田大学名誉教授。現在、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員。2016年11月、瑞宝中綬章 受章。ニッポン放送系列にて「テレフォン人生相談」パーソナリティーを半世紀近く務めている。著書に『子どもにしがみつく心理 大人になれない親たち』(毎日新聞出版)、『なぜ、あの人は自分のことしか考えられないのか 「ナルシスト」という病』(三笠書房)など多数

 そんな加藤先生は、毒親をこう定義する。

 「毒親とは、自分の心の葛藤を、子どもを巻き込んで解決しようとする人のことです」

 加藤先生によれば、子どもに対して毒親になる人は、必ず、自分自身の心の中に、何らかの葛藤や問題を抱えているのだという。

 「例えば、子どもが心配でしょうがない、過干渉をやめられないという悩みを訴える親。その人は、本当の悩みから逃避するために、別の悩みを作っているだけなんです。本当は夫婦関係がうまくいっていないなど、別の問題を抱えているのに、そこから目を背けるために、子どもに意識を集中させている」

 加藤先生が見てきた他の例では、娘の容姿を「学年一のブスだ」と言う母親がいた。娘は精神科に通うほど深い傷を負ったが、母は、言ったこと自体を覚えていない。この場合の母親は、自分の容姿に劣等感があり、その感情から自分を守るために、娘にひどい発言をするのだという。「本当に相手を見て“ブス”と言ったのではないから、自分の発言は覚えていない」

<毒親になる背景>

親自身の心の葛藤や欲求不満

・夫婦関係がうまくいっていない
・自分が望む社会的成功を得られていない
・自分の老後が不安
・学歴、容姿などにコンプレックスがあるが、そのことを自覚していない、あるいは認めていない など・・・

  解決する手段として「子どもを巻き込む」

子どもとの関係に表れる

過干渉、支配、ネグレクト、暴言、暴力 など・・・

 上記のような構造があるため、一見、周囲から“子煩悩”と評されるような振る舞いも、親が別の問題から逃げるために、子どもに走っているのであれば、それは“現実逃避”であり“自己防衛”。あるいは、束縛欲が激しい親というのは、自分の心の葛藤の解消として「子どもから必要とされることを必要としている」ため、子どもの成長を拒否している状態だ。

 また、ネグレクトも、一種のいじめであるため、いじめる快感によって、親が自分自身の欲求不満を晴らしているのだという。このように「毒親は、正確にいえば、“毒親依存症”。毒親であることをやめられない状態を指す」と加藤先生は指摘する。

<次ページからの内容>
・毒親になりやすいのは、現実にコミットできない人
・子どもに劣等感を持たせる行動は何よりも避けるべき
・適正な親子関係とは何か
・毒親が連発する言葉
・毒親にならないために、加藤先生のアドバイス

次ページ 毒親になりやすいのは、現実にコミット...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

もしかして、わたし毒親予備軍? 特集

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード