スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

道、電車、デパート 公共の場のマナーの伝え方

子育て・教育

道、電車、デパート 公共の場のマナーの伝え方

子どもは何を意識すればいい? 親はどう声をかければいい? 3つの場面で考える

自分だけでなく相手のことを思いやる気持ちが、マナー

☆その他の公共の場面

 就学前後になれば、喜びや悲しみの場面でも、その場に適した対応が必要になってきます。冠婚葬祭での基本的な振る舞いや挨拶も徐々に教えていきましょう。今、自分がどのような場にいるのかを認識し、周囲に対して普段から心遣いができるように・・・。

 「子どもに教えたいマナーのお話」 5つのテーマを7回にわたってお伝えしてきました。子どもは、成長するにつれて活動の場が広がり、接する相手も増えていきます。最小の単位である家族から、保育園、学校、そして地域、社会まで広がり、それぞれの場で適応していくことが求められます。

 子どもが、これから続く集団生活で周囲といい関係を持ち、みんなから愛される人に育っていくためには…「自分」だけではなく「相手」のことを思いやる気持ち、そしてそれを行動に移す力、即ち“マナー”が必要不可欠なのです。

 まず、自分のことができて、そして、周りのお友達のことも思いやることができる。

 「困っている人はいないかな?」「お手伝いできることはないかな?」
パパやママの温かい導きで、お子様がいつもそんな気持ちを忘れない心優しい人に成長されるよう、心より願っています。

 ありがとうございました。

(イメージ写真/iStock)

東 節子

東 節子

株式会社Truth、社団法人日本マナーOJTインストラクター協会シニアマナーOJTインストラクター。
大阪教育大学附属平野中学・高校、関西学院大学文学部心理学科卒業。大学4回生の時日本航空株式会社に入社、客室乗務員として30年勤務。特別早期退職後は、協会の認定講師として、自分を「魅せる」スキルを身につけるソーシャルマナーや、愛されるマナーを身につける子どものためのキッズマナーなどを企業や個人を対象に開講。 子どもから大人まで多くの人にマナーを普及させるべく活動中。
幼児教育の教室講師から、高校・大学で作法やビジネスマナー、秘書検定の講師も務める。母親歴32年。ブログ「こどものマナー改善士♡元CA東節子(ひがしせつこ)の“きらめくマナー”

連載バックナンバー

子どもに教えたいマナーのお話

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード