スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

グアム通に聞く 旅先で子の服、ママの水着どうする?

子連れグアム旅行の楽しみ方(下) グアム旅へ持っていくと便利なもの、持っていかなくていいもの

 共働きの家族にとって、大型連休に出かける“家族旅行”は一大イベント。特に海外旅行ともなれば、張り切らざるを得ません。中には、「そのために働いている!」というママだっているはず! 普段はキャンパー、国内を移動式別荘(テントのこと)で旅を楽しむ編集者ママ・中田ぷうさんも、年に1回は子連れでグアム。「上」編では、ショッピングを楽しめるお店やおいしいレストラン、スーパーマーケットなどの“中田リスト”を教えてもらいました。今回は、ひたすらにグアムに通い続ける理由、日本から持っていく物・現地で調達する物など旅の持ち物のほか、成田空港の楽しみ方についてお伝えします。

■「上」編
子連れグアム10回ママが指南 食・買い物の楽しみ方

なぜにグアム!?

 子連れで海外というと、旅先で人気なのはグアムのほか、ハワイや台湾。わが家も最初、悩みました。ネットを駆使し、旅行会社にも問い合わせて調べてみると、ハワイはとにかく旅費が高い! ホテルや飛行機で家族3人でゆうに50万円(ホテル代含む)かかり、現地に行ったら、やれ食事だ、買い物だとさらに軽くプラス10万円。この先、まだまだ子育てにお金がかかるのに1回の旅行にこの出費はイタ過ぎる……。

 ママ友で1才前後の子を連れてハワイに行った人が、「帰りの飛行機で泣きやまず、約8時間、夫と交代交代で抱っこして機内をウロウロ……ハワイから歩いて帰ったようなものだった(号泣)」という悲劇的逸話も聞きました。

 台湾もいいけれど、当時まだ10カ月だった長女に台湾は楽しめないな、ということで、グアムを吟味。すると、渡航時間はたった約3時間半で時差は1時間。海もプールも買い物も楽しめ、渡航費用はハワイの半分以下!ということが分かり、グアムに決定したのでした。ちなみに、沖縄という選択肢もあったのですが、計算してみると夏休み価格はハワイ級に高く、わが家の家計的にこちらも即却下となりました。

現地で存分に楽しむために旅費は抑える

 潤沢に資金のあるご家庭なら問題ありませんが、うちはフツーの世帯年収です。だから旅行といえど、出費で抑えるところはきっちり抑えたい! それでも最初の2~3回は、子どもが小さいこともあって、ファミリー層に人気の高い「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾートホテル」に泊まっていました。でも、慣れてくるにつれて、徐々にホテルのランクを落としていきました。

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

子連れグアム旅行の楽しみ方

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード