• タクシーでホテルに移動し、近くを散歩して夕飯。まだ18時なのに、料理が届くまでの間に眠り込んでしまった長男。このあと起きてしっかり食べましたが、ホテルに着いてすぐにまた寝てしまいました

    スープを食べた店から見えた景色。母は遠くの山々を、息子は手前の貨物列車やコンテナを眺めて、しばしのんびり

    「もう少し、海を見ていたいんだよね……」と言って動かなかったのは、胃痛が原因だったのか? 親に気を使った説と、(なぜか)怒られると思った説、仮説は色々ありましたが、本人に聞いても今ひとつはっきりしませんでした

    キャピラノ吊り橋にて。私を置いてさっさと渡った長男。他にも断崖絶壁に架けられた板の上を臆せず上ったりして、感心しました(やや高所恐怖症の母は足がすくみました……)

    ショッピングモールの中にあったプレイルームがかなり気に入った様子。現地の子と一緒になってはしゃいでいました

    長男が選んだ絵本。日本ではマーベル(スパイダーマンやアイアンマンなどのヒーローもの)関連の絵本はほとんど見かけないので、発見したときは内心私も大興奮でした

    ガラガラの店内でじっくり吟味。マーベルの本一冊と、次男へのお土産のトーマスのボードブックなどを購入。長男が本さえあればいくらでも時間が潰せるタイプということに、この旅で改めて気づきました

    晴れていればとても美しいというコールハーバーにて。いつか、天気のいいときに再訪したい……

    イングリッシュベイにて。曇り空続きの中、突然晴れ間がのぞきました