スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

「育休完全ガイド」気になるお金や制度を総ざらい

パパ 有料会員限定記事

「育休完全ガイド」気になるお金や制度を総ざらい

【「パパ育休の取り方、過ごし方」完全マニュアル(2)】そもそも育児休暇ってどんな制度?気になるお金や各種制度について詳しくご紹介

 職場の男性から「妻が妊娠しました」と打ち明けられたとき。「おめでとう」の後に、あなたなら、どんな言葉を続けますか?

 「おめでとう。それじゃ、育休はいつからいつまで取る予定?」――男性社員に対して、そんな言葉を投げかける人は、ほんの一握りではないでしょうか。でも、もし、妊娠を告げたのが女性だったら…?

 今、日本の男性の育児休業取得率は、わずか3.16%(2016年度)と、非常に低い水準です。しかし一方で、子どもがいる男性の30%は「育休を取りたかった」と答えており、男性の意向に反して、育休を取りづらいという現実があります。

 この特集は、パパとなる男性会社員の育休の取り方から制度、育休中の過ごし方などを詳しくお伝えする「パパ育休マニュアル」です。「取りたいけれど、どうしたらいいか分からない」「周りに経験者がいなくて不安」といった悩みを持つパパ、そしてパパに育休を取ってもらいたいママも必見です。

 第2回は、育児休暇制度に関する基本のキから、各種制度や給付金、育休中の「やることリスト」などを一挙に紹介します。これを読んで、育休や夫婦での育児の分担について、より具体的なイメージをつかんでみてください。

【「パパ育休の取り方、過ごし方」完全マニュアル】
第1回 もうパパを尻込みさせない 男性育休取得率3.16%
第2回 「育休完全ガイド」気になるお金や制度を総ざらい ←今回はココ!
第3回 パパ育休はどう切り出す? 過ごし方から復職まで
第4回 「産後の妻を全面フォロー」育休シミュレーション
第5回  「育児で仕事のスキルが磨かれる」第2子育休編

そもそも「育児休業制度」とは?

 「育児休業制度」とは、育児・介護休業法に基づく制度の一つ。労働者は、取得要件を満たしていれば、会社に規定がない場合でも、申し出ることにより育児休業を取得することができる。配偶者が専業主婦・主夫であったり、育児休業中であったりしても、取得することは可能だ。有期の契約社員でも、「1年以上働いている」「赤ちゃんが1歳6カ月になるまでの間に雇用契約がなくなることが明らかでない」などの条件を満たしていれば取得できる。

 原則として、1歳になるまでの子どもを育てる従業員(男女)が対象となるが、休業期間が延長される「パパ・ママ育休プラス」などの特例もある。子どもが1歳を超えても、保育所等に入れないなど一定の要件を満たす場合は、1歳6カ月まで(2017年10月1日から最長2歳まで)取得することができる。また、企業によっては「3歳になるまで」など、法律を上回る制度を設けている場合もある。

 取得回数は、原則として1人の子につき1回だが、男性には「パパ休暇」制度があり、妻の産後8週間以内に育休を取得すると、期間内にもう一度育休を取ることができる。

 パパ・ママ育休プラスとは
 両親がともに育児休業を取得する場合、(原則は子が1歳までである)休業可能期間が、子が1歳2カ月に達するまでに延長される。

 パパ休暇とは
ママの出産後8週間以内の期間内に、パパが育児休業を取得した場合には、特別な事情がなくても、再度、パパが育児休業を取得できる。

<次のページからの内容>
・育児休業給付金は手取り賃金の約8割が支給
・両立を支援するための各種制度一覧
・日経DUAL版「育休中やることリスト」
・企業独自の制度も要チェック

次ページ 育児休業給付金は手取り賃金の約8割が...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

特集 「パパ育休の取り方、過ごし方」完全マニュアル

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード