スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

「てにをは」が怪しい小2 伸び伸びさせて大丈夫?

子育て・教育 有料会員限定記事

「てにをは」が怪しい小2 伸び伸びさせて大丈夫?

【子育ての悩み】小2の誇りを傷つけずに解決するには?/何度も書かせるのは時間のムダ

 生きていれば、必ずあるのが悩みのアレコレ。子育て、仕事、人間関係…など様々な読者の悩みに、著名人や専門家が答えます。

<読者の悩み>

伸び伸びタイプのわが子。「てにをは」や字の書き方も自分流を通そうとする。

Q.   娘はもう2年生になったのに、いまだに「宿題がやったんだよ」など、「てにをは」の使い方をまちがえます。ひらがなや漢字の書き順、カタカナの「ツ」と「シ」、「ン」と「ソ」なども正しく書けていません。親としては、低学年のうちに直さないと困ると思うのですが、指摘すると怒り出して、勉強そのものを投げ出してしまうのです。漢字や計算の繰り返し演習も大嫌いで、宿題やドリルもやろうとしません。お手紙などを書くのは好きですが、注意しないとまちがった文字でも伸び伸び書いてしまいます。でも、算数や国語の文章題は意外とできるので、そんなに頭の悪い子ではないと思うのですが……。

 (40代女性 子どもは小2)

回答者 松永暢史さん(教育環境設定コンサルタント 教育相談事務所Ⅴ-net主宰)

 お気持ち、よーく分かります。さぞかし大変なことでしょう。あ、お母さんではなく、お子さんが、です。  お子さんは今小学2年生。様々な経験を積み重ねながら、日本語のややこしい助詞や助動詞を学んでいる最中です。まだこの世に生まれて8年程度、耳で聞くだけだった言葉を読み、書き、使いこなそうとがんばっているのです。
 にもかかわらず、40年も生きている大人から「『が』じゃなくて、『を』でしょ?」「これじゃ、パンじゃなくてパソよ!」などと言われるのですから、キレたくもなるでしょう。彼らはとても誇り高いのでゴザイマスよ。
 彼らの誇りを傷つけずに、どのようにこれらの問題を解決したらいいのかが、親や教師の腕の見せどころというわけです。さて、どうしますか?(次ページへ続く)

【あの人に、あなたの悩みを相談しませんか?】

応募ページはこちら↓↓↓
https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/C029720PK.html

悩みのカテゴリと回答者を指定のうえ、600字以内で具体的に質問をお書きください。採用された場合は個人が特定できないよう、匿名で掲載させていただきます。

次ページ 「めんどくさい」を「なんだか面白そう...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

~あの人に聞いてほしい…~ DUAL悩みの時間

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード