スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

小4冬に転塾 直前期に別塾も併用し「憧れ校」合格

子育て・教育

小4冬に転塾 直前期に別塾も併用し「憧れ校」合格

親がやってみて分かった。大事なのは偏差値ではなく「志望校対策」

中学受験には親のサポートが不可欠。でも、共働きのデュアラーは、仕事との両立が大変! 自分なりには一生懸命やっているつもりだけど、本当にこれでいいの? そんな親たちが知りたいのは、“中学受験の親”を経験した先輩デュアラーのリアル体験。

そこで、DUALではこの春、受験を終えたばかりの“先輩・中学受験親”に、共働きの中学受験について根ほり葉ほり聞いてみました。新連載『中学受験親、集まれ!!』では、6回にわたって、共働きのリアル中学受験をお伝えします(取材対象者はすべて仮名。学年や年齢は取材当時)。

《プロフィール&共通データ》

母:飯塚京子さん(39歳・公務員)

長男:飯塚将人くん(2018年4月から早稲田実業学校中等部へ進学)

【家族】 父(44歳・大手メーカー勤務)・次男(現小4)

【通塾】 小3の2月~SAPIX、小4の2月~日能研に転塾。小6の9月~早稲田アカデミーNN特訓(早実)にも通う

【受験校】 1月 栄東◎、市川◎、2月1日=早稲田実業学校中等部(以下、早実)◎、2月2日=本郷=◎、2月3日=慶應中等部=出願のみ

【受験総費用】 280万円

【習い事】 小1~小4まで公文、年長~小4までサッカー、小1~小4まで英語

【受験以前の家庭学習】 こどもちゃれんじ→公文

入ってみないと分からない塾との相性。小4冬にSAPIXから日能研へ転塾

日経DUAL編集部(以下、――) 中学受験を始めたきっかけは?

飯塚京子さん(以下、飯塚さん) 3年生の秋ごろから、周りの友だちが塾の話をするようになり、息子のほうから「塾に行きたい」と言い出しました。わが家は夫婦とも中学受験の経験はナシ。私は女子御三家の「雙葉」という文字が読めないぐらいのレベルからのスタートでした(苦笑)。でも、息子は低学年から公文に通っていたおかげで計算は得意でしたし、負けず嫌いなところがあったので、もしかしたら中学受験に向いているのではないかとも感じていました。

 塾は本人の希望でSAPIXにしました。友だちが多く通っていたし、進学実績が素晴らしく、お弁当も必要ないので、私も反対する理由はありませんでした。ところが、4年生の秋を過ぎたころから、塾の日の夕方になるとお腹が痛いと言ってお休みする日が出てきてしまって……

 SAPIXは毎月のテストでクラスや先生が大きく変わります。息子はクラスのアップダウンが激しく、クラスが上がると進度が早くて授業に付いていくのに苦労し、クラスが下がるとモチベーションが下がる、といった様子でした。5年生になると、授業の内容がさらに難しくなり、勉強量も増えると聞き、「これはもう限界かな」と年明けから転塾を考えるようになりました。

 転塾先として候補に挙がったのは日能研でした。体験授業での和気あいあいとした雰囲気や、面白い切り口の授業に引かれ、「ここがいい!」と感じたようです。ところが、入ったクラスは体験授業を受けたクラスの下のクラス……。思った以上にのんびりした雰囲気に本人も不安になったようでした。それを聞いて私も不安になり、再度転塾すべきかと焦ってしまいました。でも、本人が好きな塾で何とかできないものかと、塾に相談してみることにしたのです。

 結果、春期講習から上のクラスで受講できることになりました。悩んだときは塾に相談してみると、解決策のアドバイスを頂いたり、道が開けたりすることがあると思います。それからはクラスの変動はなく、先生やクラスメートにも恵まれ、楽しい塾生活が始まりました。週末にテストは多いものの、そこまで結果を気にしていませんでしたし、宿題は提出不要だったので、私もきちんと確認していませんでした。この時期は本人も親ものんびりしていたかもしれないですね。

【2018年1~2月に中学受験本番を経験したママ・パパを募集中!】

新連載「中学受験親、集まれ!!」に、皆さんの受験体験エピソードを掲載させていただけませんか? 2018年1~2月に受験を終えたばかりの「先輩・中学受験親」の皆さんに、共働きの中学受験体験について伺うインタビューを行います。ぜひご協力ください。お申し込みはこちらから。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://aida.nikkeibp.co.jp/Q/C029778zd.html

※ おすすめ日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ![新版]』

DUALの人気連載の内容に加筆した充実の書籍『中学受験 基本のキ![新版]』(日経BP社)では、「中学受験に興味はあるけど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までの親子向けの情報を、シーズンごとに整理して掲載しています。受験校の併願パターンでは74校を紹介しています。Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書で、中学受験に関する情報の基本から応用までを、幅広く押さえてください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページ 父親は朝勉担当、母親は過去問を解いて...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

中学受験親、集まれ!!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード