スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

がんの親座談会 自分に価値がある限り働き続けたい

キャンサーペアレンツ西口洋平さんと、がんのパパ、ママとの座談会(上)可能な限り自分の価値を社会に還元していきたい

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を受け、周りにがんの経験者もいなかった西口さんは、「同じような境遇のがん患者同士が交流できる場をつくりたい」と、2016年4月にコミュニティーサービス「キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう」を立ち上げました。

西口さんの経験や活動についてはこちらから
小さな子を持つがん患者 不安と悲しみの先の希望
西口洋平 ステージ4のがん経験 子に伝えたいこと

 その西口さんをホストにお迎えして医療関係者や子どもを持つがん患者の方にお話を聞く第3回は、キャンサーペアレンツの会員の方たちとの座談会です。同じころにがんを発症した同世代の3人が、仕事のことや子どもへの思い、自分の中でのがんという存在などについて、思う存分語り合いました。3本立ての上編となる今回のテーマは、「仕事」です。

【座談会メンバーのプロフィール】

金澤雄太
35歳。妻、娘(7歳、3歳)との4人家族。人材紹介会社で転職支援のコンサルタントとして勤務。2016年の1回目の転移で入院中に「キャンサーペアレンツ」を知り、「子どもを持つがん患者」というテーマや同じ病気の仲間が集まる場に引かれて入会。

瀬戸川加代
45歳。がんに罹患後実家に戻り、現在娘(18歳)、息子(14歳)、父、母、妹との6人家族。開業して13年目になる中小企業のためのコンサルタント兼行政書士として活躍。病気ではなく生活にフォーカスを当てる「キャンサーペアレンツ」の活動に共感して入会。

左から、瀬戸川加代さん、西口洋平さん、金澤雄太さん

次女の出産の直前というタイミングでがんが発覚

西口洋平さん(以下、西口) 今日はお忙しいところありがとうございます。まずは発病から現在までの経緯について教えてください。

金澤雄太さん(以下、金澤) 僕は2014年の11月、32歳のときに罹患しました。盲腸で入院したんですけど、切除した部分を病理に回したところ、大腸がんのステージ2と分かり、そのまま手術をすることになりました。

西口 金澤さんの下のお子さんは3歳ということですが、もしかしたら奥さんが妊娠中のことですか?

金澤 ええ、妻は出産を控えていました。僕の入院が2014年の11月で、妻は2015年の1月に僕が入院していた病院で出産しています。

 ですから、生まれてからしばらくは、僕と妻と生まれたばかりの下の子が同じ病院にいて、上の子だけが自宅にいる状態でした。僕の母が来て、1週間一緒に過ごしてくれたんですけど、つらかったですね。

西口 それは、やるせないですね……。

金澤 「なんとか妻の出産までには退院しなきゃ」と焦ったんですけど、術後、腸閉塞がなかなか治らず、食事が取れなくて。24時間ずっと点滴で栄養を入れていたので、主治医から「その状態では帰せない」と言われて、そのまま出産となってしまいました。

西口 上のお子さんはどんなご様子でしたか?

金澤 母が毎日病院に連れてきてくれました。夜7時くらいに面会時間が終わるんですが、後で聞いたら、また夜に病院に来ていたそうなんです。夜寝る時間になっても「お父さんに会いたい」「お母さんに会いたい」と言っていたようで…。

 母もなんとかなだめて寝かせようとしたらしいんですが、もう泣いてしまってどうにもならなくて、「じゃあ、中には入れないけど、病院の前まで行こう」と言って、夜9時とか10時ごろに来ていたそうです。病室を指さして、「『あのあたりにお父さんがいるね。また明日来ようね』と話して帰していた」と聞いて、もう、本当に申し訳ないことをしたと思いました……。

西口 病気になったのは誰のせいというわけではないですが、家族に対して申し訳ない気持ちはありますよね……。

瀬戸川加代さん(以下、瀬戸川) ありますね。「ごめんね、こんな病気になっちゃって」っていう。自分のせいで皆がつらい思いをしていると考えてしまいますね。

金澤 他の人が当たり前にできることができなくなっている、そこの差を感じますよね。「普通のお父さんじゃなくてごめんね」という気持ちがあります。

次ページ 背骨から尾てい骨までがんが転移

連載バックナンバー

キャンサーペアレンツ西口洋平の「親のがん」対談

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード