スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

生活・家事

「ふせん」を使えばアイデアが生み出しやすくなる

現役教師・栗田正行さん流 お手軽に「ふせん」で家族コミュニケーションをとってみる

 日経DUALで「パパ必読!ママとのコミュニケーション術」や「先生からのメッセージ」などの連載コラムを担当していた栗田正行です。私は現役の高校教師として教壇に立つ傍ら、先生や保護者向けの本を執筆しています。小3男子・小1男子の二児の父親でもあり、仕事と家庭の両立に励む毎日を送っています。

 私は長年、生徒たちに「ふせん」の活用を勧めてきました。この記事では、新著『子どもの学力は「ふせんノート」で伸びる』でも紹介してきた「ふせん」の活用法の中で、共働きの夫婦でも生かせる手法を紹介させていただきます。

<前編はこちら>  仕事も家庭も スケジュール管理は「ふせん」が便利

「ふせん」は家族のコミュニケーションに温かみを与えてくれる

 LINEやSNS、メールなどを使ったデジタルコミュニケーションが全盛のこの時代に、アナログなコミュニケーションの良さが見直されています。

 わが子が低学年の場合、そもそもそのようなデジタル機器に触れさせないというご家庭の方針もあるでしょう。そんなときに活用できるのが「ふせん」です。

 職場でのちょっとした伝言メモとして、「ふせん」を活用されている方は多いと思います。それと同じことをご家庭で実践するというわけです。

 もちろん、直接伝えられることは口頭で伝えたほうがいいと思いますが、忘れては困ること、あるいは直接伝えられないときに「ふせん」を使うとメリットがあります。

【メモとして、「ふせん」を使うメリット】
□ 粘着力があるので、風などで飛んでいかない
□ 壁でもドアでもどこでも付けておける
□ 色々なデザインがあり、書くだけ楽しめる

 また、この記事の最後でも紹介しますが、色々なデザインの「ふせん」も発売されていることから、目で見て楽しいというのも「ふせん」を使ってみたい理由のひとつです。

 同じようなことはメモ用紙でも可能ですが、上記のようなメリットが「ふせん」にはあります。仕事や家事、育児に忙しいデュアラー夫婦だからこそ、「ふせん」を使って、夫婦で、あるいは家族で「ふせん」を活用して報告や連絡を徹底してみてはいかがでしょうか。

 「こんなデザインの「ふせん」もありますよ↓」

「ふせん」を使って、夫婦ミーティングをしてみる

 夫婦で、あるいは家族で色々なことを考えるときに、「ふせん」を活用するとアイデアが生み出しやすくなります。「ふせん」ミーティングは次の3ステップでアイデア出しをしていきます。

栗田 正行

栗田 正行

教師を教える「プロ教師」。
1976年、千葉県生まれ。私立高校教師。教員、小・中学生対象の学習塾の教室責任者などを経て、現職。 生徒に対する学習指導だけでなく、クラス運営や授業準備、原稿執筆や講演内容の立案にも「ふせん」を活用して、成果を上げる。「わかりやすい」「成績が上がる」授業として、担当クラスで9割以上の生徒・保護者から絶大な評価を得ている。教師・保護者向けの執筆依頼が相次ぎ、『子どもの学力は「ふせんノート」で伸びる』(かんき出版)、『仕事も家事も育児もうまくいく! 「働くパパ」の時間術』(日本実業出版社)など11冊を執筆。「マロン先生の奮闘日記ブログ」を毎日更新中。

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード