スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

ママ友関係 こうすれば自分も家族もハッピーになる

子育て・教育 有料会員限定記事

ママ友関係 こうすれば自分も家族もハッピーになる

【年齢別特集 保育園のママ・パパ向け】(2)家庭のことは基本的には踏み込まない。いい関係が続く秘訣は「独占欲を発揮しない」こと

 妊娠・出産を経た新米ママたちが、初めて意識することの一つに「ママ友づくり」「ママ友付き合い」があるのではないでしょうか。「ママ友は不要!」と割り切る人でも、親子関係が濃密な乳幼児~未就学児の時期は、保育園や公園で親同士の交流は少なからず行われるもの。より良い付き合いをして、子育てを楽しみたいものです。そこで今回、DUAL編集部員3名が各人の「ママコミュニティー」の中から、「この人はママたちと付き合い方が上手!」と太鼓判を押すママを1人ずつ連れてくることに。ママ友づくりの達人たちに、ママ友付き合いについて語ってもらいました。後編では、具体的にどんな交流をしているのか。ママ友との関係で気を付けていること、ママ友がいてよかったことなどがテーマです。

【保育園のママ・パパ/ママ友ネットワーク】
(1) ママ友ネットワークってやっぱり必要?
(2) ママ友関係 こうすれば自分も家族もハッピーになる ←今回はココ
(3) 「1歳未満児と自分だけでお出かけするパパ」が4割
(4) ガチ育児パパの子連れお出かけ 親のストレス削減術

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

<座談会参加者プロフィール>(氏名はいずれも仮名)

丸岡 藍さん(以下、丸岡)…4歳長男と、中1長女のいるママ。猛烈会社員時代を経て、現在はフリーランスで働く建築士。人がたくさん集まることが多かった実家の影響から、大人数で食事をするのが好き。夫も似た感覚があり、月に1度は、1~4家族を誘って自宅でわいわい&気楽なホームパーティーを開催する。一方で「互いに依存し合うような友人関係は苦手。1人でも全然平気」という基本姿勢を持つ。子どもを介して親密になった気の合う友人として、明るく愉しくつき合いたい。

高浜桃子さん(以下、高浜)…小4の長男のいるママ。幼稚園通いを経て、息子が小学校入学と同時に仕事復帰。メーカーでパート勤務する。産後すぐに知り合った近所のママ、息子を通じて仲良くなった幼稚園時代の友人・同じ小学校の友人、息子の通うサッカークラブやお稽古仲間、飼い犬グループなど複数の友だちコミュニティーを持つ。「相手のことが知りたくて、自分からガンガン話しかけちゃう!」とどんな人とも気さくに話せ、交友関係は広い。

西山紫保さん(以下、西山)…3歳長男と1歳次男の子育て中のママ。官庁勤務を経て、現在は教育系ベンチャーにフルタイム勤務する。夫婦ともにアウトドア好き。休日は、保育園等で知り合った友人たちと公園で活発に遊ぶのをはじめ、動物園や博物館への日帰り遠足からキャンプ旅行まで、3~8家族でおでかけする。おでかけは自ら企画することが多く、「仲良くなれば一緒に遊びに行けて、私も夫も子どももみんな幸せ!」と、別々に知り合ったママ友や家族もどんどんつなげる。

自分が行きたい場所に、いくつかの家族を誘う。ポイントは「現地集合」

日経DUAL編集部 前回は、ママ友とどんなタイミングで、どんなふうに仲良くなっていくかを伺いました。さて、仲良くなったその後は、どんな交流をしていますか。

西山 うちは、夫も外で遊ぶのが好き。近くの公園から都内近辺まで、広めの公園に土日に一緒に出かけています。月に2~3回は少し足を延ばして、動物園や博物館、キャンプなどにも行きます。3家族から8家族ぐらいで。

丸岡 8家族は多いね! どうして3家族以上8家族までなんです?

西山 家族だけで行くより一緒に行くほうが楽しいから。子どもは友だちがいてご機嫌だし、親は子どもとの時間を持ちながら親同士の会話もできる。だいたいパパも来るんですが、3家族以上というのは夫婦間の「ママ友」「パパ友」の仲のいい具合がちょっとズレるからですかね。ママもパパも子どももハッピーになれるのが3家族以上。でも、あまりに多くなると収拾がつかないから8家族程度まで。

高浜 自分から企画したり声をかけたりする?

西山 最初に特定の1~2家族に「この日あたりで○○行かない?」と声をかけて日程を決めます。あとは「○○さんたちと行くけどどうですかー!?」と広くアナウンスします。企画するといっても、日程を決めて声をかけるぐらい。現地集合にすることも多いです。遠出の際は、電車で来る人も車で来る人もいます。

高浜 現地集合! 私は仲のいい友だちに「どこかみんなで行こうよ!」とは言うけれど、いざ実行するとなると、企画を詰めるのが面倒になって、ママ友に頼っちゃうところがある。

西山 色々決めると大変だから、できるだけゆるくしたいんです。日を決めてLINEで人を誘って、あとは自由にどうぞ、という感じ。子どもがのびのび遊べる場所であれば、だいたいの子連れ家族は楽しめますから。

高浜 「みんなの予定や行きたい場所を聞いて取りまとめる」ことをしない形なら、そう手間がかからなくていいですね。海がいい? 山がいい?なんて事前リサーチもしないんだ。

西山 しません。私が行きたいところに行く!(笑) 友だちの誰かが行きたい場所に誘われた場合も、自分が行きたければ行く。

丸岡高浜 それはいい!

<次のページからの内容>
● パパが忙しいときは、ママと子ども3組で旅行!
● 子どもが小学生にもなると、ママはおしゃべりに夢中になれる
● 複数の家族で遊んだほうが育児の負担が軽減
● 最低月に1度は2~4家族で集まってホームパーティー
● “ホムパ”は家を掃除する最大のモチベーション
● ママ友ネットワークのコツ「独占欲を発揮しない」とは?
次ページ 子どもが小さいうちは、みんなで遊んだ...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

年齢別特集/保育園

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード