スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

大手・小規模・個別 中学受験、塾はどれがいい?

子育て・教育 有料会員限定記事

大手・小規模・個別 中学受験、塾はどれがいい?

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】(3)塾に通っている読者の声&元大手受験塾のカリスマ講師に聞く

 東京都の小学生の四分の一が中学受験をするとも言われる時代、小学校によっては7割以上が受験組という地域もあるほど、年々希望者は増え続けている傾向にあります。する、しないに関わらず、一度は検討したことのある人が多いのではないでしょうか?

 しようと決めたら、まず考えなければならないのは塾選び。今回は、中学受験を検討して通塾中もしくは受験を終えたDUAL読者にアンケートを実施。塾選びの基準や塾の良し悪しについて、リアルな経験談を聞いてみました。また、元大手受験塾のカリスマ講師で、現在は「名前もない小さな個人塾」「Oasis」の小澤淳先生にもお話を伺います。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1)高学年 新学期のいじめ・仲間外れ、早めに対応を
(2)わが子がいじめに遭ったら 学校や先生との関係
(3)大手・小規模・個別指導… 塾はどれがいい? ←今回はココ
(4)大手塾が合わないとき いつまでに転塾を判断する?

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

塾始め、まずは何を基準に選ぶ?

 一口に塾と言っても、塾の教育方針やカラーは大きく異なり、わが子に合った塾を選ぶのが第一歩と言えるでしょう。まず初めは、四大中学受験塾と言われる「SAPIX」「早稲田アカデミー」「四谷大塚」「日能研」について、読者アンケートを実施。読者がそれぞれの塾を選んだ理由と、良いと感じている点・不満な点などを紹介していきます。

【SAPIX】

(選択理由)

  • 難関校への合格実績とカリキュラムはやはり絶大だから。
  • 他の生徒と刺激し合える関係が素晴らしいと思った。
  • 塾としての信頼はもちろん、弁当が不要で拘束時間が短いのも魅力。

(良い点・不満な点)

  • 子どもにとって授業が面白く、講師も魅力的。宿題も多いが、難関校を目指すなら必要な量だと思う。
  • クラス替えが定期的に行われるので、競争意識やモチベーションアップにつながる。
  • 宿題が多すぎて、子どもがやるべきことを把握しきれず、親の管理がマスト。
  • 復習をしないとついていけないが、働く身ではフォローに限界があり、今はクラスがどんどん落ちてしまっている。
  • 保護者へのフォローがない。
【早稲田アカデミー】

(選んだ理由)

  • 体育会系の元気のよさが、子どもに合うと感じた。
  • 志望校向けのコースがとても良さそうだったから。
  • 体験授業後の説明で、保護者へのサポートも手厚い印象を受けたから。

(良い点・不満な点)

  • 子どものモチベーションを上手に保ってくれ、入塾したときには考えられなかった学校へ合格できた。保護者へのサポートも丁寧で、共働きに適した塾だと感じた。
  • いつでも何でも相談してくださいという姿勢。面談もマメにしてくれる。
  • 宿題がとにかく多くて、難しい。こなせなくて一時期潰れかけました。
【日能研】

(選んだ理由)

  • 自習室があるので学童代わりに使えたり、面倒見がよく、保護者の負担も少なそうだと感じたから。
  • 学習意欲が低い子なので、集団授業で中堅を狙えるだけで十分だと思ったから。
  • じっくり考えさせる学習法と、他塾よりゆとりのあるカリキュラムに惹かれて。

(良い点・不満な点)

  • カリキュラムがしっかりしている。また豊富な資料やデータを持っている。
  • 講師がよく見てくれる。和やかな雰囲気で教材がハイスペックすぎない。宿題も多くない。
  • 成績で教室の席が決まるので、適度に競争心があおられモチベーションアップになる。
  • クラスの人数が25〜30人と多すぎることがある。
  • 授業の進みが遅いと感じる。
【四谷大塚】

(選んだ理由)

  • 幼児教室から通っていて、そのまま自然と中学受験コースに。講師から教わるのがあまり好きではないので、予習型の四谷大塚が子どもにはぴったりだと感じたから。
  • 低学年クラスからあるから。また、少人数制で目が行き届きやすい。

(良い点・不満な点)

  • 講師のレベルが高く、さすがだと思った。教材もとても良い。
  • 指導力が素晴らしい講師に出会えた。毎回解き直しノートのチェックや、丁寧な説明、また将来の中高の授業や大学受験まで見越した指導に、まさにプロと感じた。
  • 授業の拘束時間が長い。授業の合間にある自習時間をなくして、少しでも早く帰宅させてほしいと思う。
  • 講習やテストの日程の提示が遅く、共働き世帯にはやや困る。

共働きに向く塾と、向かない塾がある

 保護者の意見を読むだけでも、塾の傾向がだいぶ見えてきましたが、さらに詳しく小澤先生にお聞きしていきます。受験界においてはSAPIXが圧勝という話も聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

<次のページからの内容>
● 4大受験塾、学力レベルと宿題の多さは
● 親のサポートはどれくらい必要?
● 小規模塾、個別を選ぶタイミング
● 習い事と両立できるほど受験は甘くない。そこまでして受験したいか否か
次ページ 始めるなら、とりあえず大手塾から

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

年齢別特集/小学校高学年

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード