スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

椰月美智子 母を「ばあさん」と呼ぶ父と、平気な母

趣味 有料会員限定記事

椰月美智子 母を「ばあさん」と呼ぶ父と、平気な母

『さしすせその女たち』第15回/お茶ひとつ淹れない父、召し使いのように世話をする専業主婦の母。「熟年離婚とか考えたことないの?」

5歳と4歳の子どもたちを育てながら、デジタルマーケティング会社で室長として働く多香実。仕事も子育ても満喫している今どきのワーママのようだが、実際は子育てをほぼ一人でやらなければならない“ワンオペ状態”だ。

世の中はゴールデンウィーク。多香実は松戸の実家に家族で帰省するが、秀介は付いて来ず、ウキウキしている。妻子の留守中に彼女とでも会うつもりだろうか。実家では相変わらずお茶ひとつ淹れられない父と、そんな夫に「ばあさん」と呼ばれて平気な専業主婦の母に、嫌気がさす多香実だった。
『さしすせその女たち』  今回の主な登場人物
 ◆米澤多香実(よねざわ たかみ) 39歳/ デジタルマーケティング会社「サンクルーリ」ソーシャルマーケティング部クライアントオペレーション室 室長
 ◆米澤秀介(よねざわ しゅうすけ) 40歳/食品メーカー営業職 課長
 ◆米澤杏莉(よねざわ あんり) 5歳/みゆき保育園年中クラス
 ◆米澤颯太(よねざわ そうた) 4歳/みゆき保育園年少クラス

 連休はカレンダー通りで、中2日出社したあとは5連休だった。1日目に家族4人で、都心にある遊園地に行くことにし、そのあとの3日は松戸にある多香実の実家に行くことになった。

 秀介も松戸に誘ってみたが、なんのかのと理由をつけて行きたがらないので、多香実も早々にあきらめた。多香実としては、そのほうが気が楽だったのでよかったが、実家の両親がなぜ秀介を連れて来ないのかとうるさく言うので、事前に、秀介は仕事があってどうしても行かれないと伝えておいた。

 3日間、多香実と子どもたちが留守になるのがうれしいのか、秀介は、遊園地でこれまで見たこともないような働きぶりだった。普段だったら、子どもたちがトイレ、と言っても、絶対に自分からは動こうとしなかったが、今回は率先して行動していた。乗り物に並ぶこともいとわず、子どもたちと遊びながら列に並んだ。いつもの秀介だったら、子どもたちがいくら乗りたいと言っても、並んでいる人を見ただけでスルーしていたはずだ。

 これが浮気の副産物であるのなら、浮気もいいかもしれないと多香実は思ったほどだ。

 翌日は、秀介が松戸の実家まで車で送ってくれた。めずらしいこともあるものだと思ったが、荷物が多かったので助かった。両親に文句を言われるのが面倒だったので、少しあがってお茶だけでも飲んで行ってと言うと、秀介は機嫌よく引き受けた。

<次のページからの内容>
・「お目当ての彼女とたのしく過ごせば」
・お茶ひとつ淹れられない父の老後
・母のことを「ばあさん」と呼ぶ父
・「はあーっ、お母さん、よくやってるよね」
・「熟年離婚とか考えたことないの?」

次ページ 「お目当ての彼女とたのしく過ごせば」...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

さしすせその女たち

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード