スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

矢沢心&魔裟斗 夫婦はお互いに魅力的でありたい

生活・家事

矢沢心&魔裟斗 夫婦はお互いに魅力的でありたい

矢沢心さんと魔裟斗さん夫妻の4年に及ぶ不妊治療の記録。“夫婦対談スペシャル”第3回

 おしどり夫婦として知られる女優・タレントの矢沢心さんと、日本人初のK-1世界王者・格闘家の魔裟斗さん。2人は、5歳と3歳の2人の女の子のママとパパであり、不妊治療の経験者でもあります。

 ご夫婦一緒にお話を伺ってきた対談も、今回で3回目となりました。今回は、パパとママになってさらに仲が良いというお二人に、ふだんの生活の様子や夫婦がうまくいく秘訣について伺いました。

 過去の連載はこちらから

夫には不妊治療のことをすべて分かってもらわなくてもいい

日経DUAL編集長 羽生祥子(以下、――) 魔裟斗さんも、不妊治療についてもうかなり詳しいのではないですか?

魔裟斗さん(以下、魔裟斗) うーん、どうだろう?

矢沢心さん(以下、矢沢) そういう話はあまり聞いていないと思います(笑)。普段も、私が話をしても右の耳から聞いて左の耳から抜けていく感じですね。私の話も長いので、だいたい聞き流されています。

魔裟斗 まあ、血の色がどうだとかってところまでは、知らなくてもいいのかなと。

矢沢 でも、そのグイグイ入ってこないところが、夫のいいところでもあるんです。「今回の血の色はどうだった?」と聞かれても、こっちも困る(笑)。私もそこを聞いてもらおうとは思っていなくて。そのために漢方の勉強をして、自分で月経のときの血の色をある程度判断できるようにしたんです。「こういう血の色のときは、血の巡りが悪い“瘀血(おけつ)”の状態だな」とか。

―― 全部知っていてほしいという女性もいると思います。だけど、矢沢さんの場合はすべて聞いてもらわなくてもいいということですね。

矢沢 相手に何をしてもらいたいか、ですよね。例えば、病院に一緒に来てもらいたいとします。そのためには何を言って、何を言わなくてもいいのかを考えます。

―― さすがですね。夫に言うことと言わないことを、事前に頭の中で整理してから話しているとは。

矢沢 うーん、でも、プロセスは聞いてもらいたいんですよ。最終的にはこうしてほしいということに至るまでを、最初から少しずつ段階を踏んで話していくんですけど、長いので聞いてもらえない。「で、結局何?」って言われちゃう(笑)。

魔裟斗 だって、結論は「病院に一緒に来て検査してほしい」ってことなら、それだけ言ってくれれば行くのに、と思うわけですよ。

矢沢 夫は「結論だけでいいじゃん」という考えで、それも分かるんです。でも、それじゃあ業務連絡みたいになっちゃうのが、私はイヤで。だから、プロセスをカットしないで話したいといつも思っているんです。

本連載をまとめた書籍『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』がついに発売!
夫婦それぞれの視点から不妊治療の体験を綴った、
不妊治療で悩むすべての人に届けたいメッセージ
『夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間』 (本体1330円+税)

● 妊娠するチャンスは1年に12回だけ
● セコンド役の夫と2人で迎えた、出産の瞬間
● 流産をきっかけに初めて知った妻の気持ち
● “試験管ベビー”という言葉に負けたくなかった
● 不妊治療の経験者は、思っている以上にたくさんいる
● 経験者が語る「不妊治療Q&A」その他

日経BPブックナビで購入する  ●Amazonで購入する

次ページ 浮気する夫は、妻が魅力的じゃないから...

連載バックナンバー

矢沢心と魔裟斗の「諦めない不妊治療」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード