スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

家事代行は夫婦にも子どもにもメリットしかない

“りんだ先生”こと林田香織と、エスキャリア・ライフエージェンシー代表の城梨沙さんが「家事のアウトソーシング」について語る(後編)

夫婦の余裕が家族の笑顔につながる

林田 一度お試しでやってみるというのがポイントかもしれませんね。試してみないとメリットもデメリットも分からないですものね。

 海外では、時間や余裕をお金で買う人は幸福感が高いという研究もあります(Ashley V. Whillans, Elizabeth W. Dunn, Paul Smeets, Rene Bekkers, and Michael I. Norton.(2017)Buying time promotes happiness. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America・vol.114 no. 32, pp.8523–8527)。ラクをするためにお金を払うのではなく、家族の笑顔に投資する、という発想ですね。

 まさにその通りだと思います。アウトソーシングを活用することで、私や夫の仕事の時間を削って家事の時間をつくるという発想がなくなりました。やるべき仕事も思う存分でき、時間的にも精神的にも余裕ができ、アウトソーシングで生まれた時間にとても価値を感じるようになりました。

 エスキッチンの利用者の効果測定でも「自分の時間」や「夫婦の時間」が増えたことに喜びを感じている方がとても多いんです(下図参照。緑がサービス利用前、黄色がサービス利用後)。その余裕が家族の笑顔につながると思います

林田 アウトソーシングを利用するに当たって、お子さんへの影響を懸念される方もいると思いますが、いかがですか?

 子どもにとってはプラスになることのほうがずっと多いと思います。特に私が利用しているスリールは、大学生が自宅に来てくれて上の子と遊んでくれるのですが、私はその間下の子のお世話に集中できますし、上の子にとっても大学生のお姉さんたちはいいロールモデルになります。また、夫が仕事で遅い場合も家に大学生が来てくれていることで、心配せずに安心して仕事ができます。

 来てくれている大学生の子たちにとっても、子育て家庭での経験はプラスになるので、スリールの利用は社会貢献の一環でもあると考えています。第三者に頼ることは子どもにとっても親以外の多様な人たちと触れ合うチャンスになっていると思います。

次ページ 子どもにとっても多様性を学ぶ機会に

連載バックナンバー

りんだ先生の「Team わが家」でいこう!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード