スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

社会全体で育児することが当たり前の社会にしたい

【番外編】「チームわが家」座談会(下)。夫婦間のコミュニケーションのコツと、職場の理解とサポートを得ることの重要性

自分一人ですべてを抱え込まないで

林田 両立を実現されている皆さんですが、今、課題に感じていることはありますか?

篠田 最近は、夫の負担が重過ぎる気がしています。また、今は義母が元気なので頼ることもできますが、先々はどうなるか分かりません。いずれは親の介護という問題も出てくると思うので、将来を見据えて体制を見直さないといけないと考えています。

加藤 わが家もアウトソーシングを利用するのはいいのですが、やはりお金がかかるので、共働きでしっかり稼ぎ続けないと厳しいですね。今後は家計や将来のこと、またお互いの働き方を考えながら調整していきたいと思っています。あとは僕自身、料理が苦手なので、そこはクリアするべき課題かなと思っています。

石田 最近、夫の仕事が忙しくなりました。結果としてワンオペ時間が増え、私の疲れやストレスがたまり始めているので、何らかの解決策を見出さないといけないと思っています。今後は早朝会議や海外出張にもチャレンジしていきたいので、それも含めて体制を考えたいなと思います。

林田 最後に、チームの構築で一番大切なことについてお聞かせください。

篠田 とにかく、自分一人ですべてを抱え込まないこと。これに尽きると思います。自分以外の人やサービスに頼っていく姿勢を持ってほしい。そして、夫婦間の情報格差をなくすこと。同じ本を読んだりしながら、家庭や家事について対等な立場で話すことが夫婦協業には欠かせないと思います。

石田 篠田さんと同様、自分ですべてやろうと思わず、他人を頼る勇気を持つことだと思います。一番大切なのは、完璧に家事育児をこなすことではなく、子どもと家族の健康です。睡眠時間を削ってまで頑張る必要はないですし、そんなことをしたらいずれ潰れてしまいます。育児はマラソンなので、長く続けられる方法を考えてほしいと思います。

加藤 子育て世代はもっと、人生100年時代を見据えた家族戦略を練る必要があるんじゃないかなと考えています。そのためにも、頼れるものは頼って、「社会全体で子育て」ということをもっと当たり前にしたいと思います。

林田 人生100年時代に向けて、家族の在り方や働くことの価値観も大きな転換期にきています。皆さんが新しい両立の形を実践し、発信していくことで、これから結婚や出産を迎える世代もラクに両立できるようになると思います。そして、皆さん自身が人生を楽しむ背中をお子さんたちに見せてあげてください。ありがとうございました。

(撮影/岩澤修平)

林田香織

林田香織

パートナーシップ&ペアレンティングアドバイザーとして、子育てと仕事の両立や夫婦関係に悩むママ&パパをサポートする両立支援の最前線で活動。出会うママ&パパは年間3000人以上。小さな町の公民館のパパ&ママセミナーから、大企業の両立支援セミナー、育休復帰セミナー、配偶者向けセミナー、管理職セミナー、自治体主催のシンポジウムまで幅広く登壇する。アメリカでの語学教師の経験と、専門である家族社会学のデータ分析に基づいたロジカルでインタラクティブな講義が男性にも好評。プライベートでは、九州男児の妻、高校生、中学生、小学生の3人の男児の母。日米の両方で出産と子育てを経験。2008年に帰国し、翌年に独立。お茶の水女子大学修士(家族社会学)、米国Brigham Young University 修士(言語教育学)。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、NPO法人コヂカラ・ニッポン理事、NPO法人いちかわ子育てネットワーク副代表理事。

連載バックナンバー

りんだ先生の「Team わが家」でいこう!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード