スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

仲道郁代 厳しさを乗り越えて見える景色もある

子育て・教育

仲道郁代 厳しさを乗り越えて見える景色もある

ピアニストの仲道郁代さん(下)「ピアノ、子どもが早い時期に好きじゃないと決め付けるのはもったいないですよ」

厳しさを乗り越えて見える景色もある

 ピアノの教育についてはどうでしょうか。4歳からピアノを始め、祖母と母がついて特訓した仲道さん。師事した先生には3カ月ごとに課題曲を出され、舞台で試験がありました。「山があったら登りたい性格。やる気になり、長い時間練習ができました。不器用で時間がかかったから、小5のとき、コンクールの前は8時間の練習をしました」

 楽器をやっていくのに、幼い時期は多かれ少なかれ大人のサポートが必要といいます。「厳しいことを乗り越えるから見られる景色はありますよね。楽しいだけでは見えてこないものはある。その子が音楽の持つ美しさ、芸術としての本質に近づけるサポートや教育があれば、音楽に親しんでよかったと思えるのでは」

 ピアノを習う子は多いですが、「向いていない」「本人が好きじゃないから」と親がやめさせてしまうケースも少なくありません。「本当は好きになるかもしれない、面白さに気づけていないだけかもしれない。年代によって見つけられることは違うので、早い時期に好きじゃないと言い切るのはもったいないですよ。ピアノを続ければよかった、やっておけばよかったという大人の方はいっぱいいます。定年してから始める人も多いです。自分で音が出せるってすてき。興味ある楽器をやってみて、時には親が励まし続けてみてください」

妊娠中も演奏活動を続けた

これから10年のスケジュール

 昨年、デビュー30周年を迎えて今年から10年間の演奏プログラムも決まっています。最後に、子育ての大変な時期を乗り越えてきた秘訣や、これからのことを聞きました。

 「子育てや介護、仕事にしたって、私より大変な人はたくさんいます。常にドタバタで、乗り越えた感じはありません。私はどうなるんだろうと悩んでも、過去を思っても仕方がないので、とりあえずできることをしていくしかありません」

 演奏についても「ああすればよかった」とくよくよして落ち込むそうですが、なんとか次は頑張ろう、に持っていく。悲しむだけでなく、なぜうまくいかなかったか、どうやって改善できるか考えます。分からないこともありますが、分かることからトライします。

 「そうしていくうちに経験値が増え、気づけばデビュー30年。死ぬまでピアノを弾きたいです。挑戦し続けないと次の頂が見えてこないから。上に向かう途中に、谷もあるかもしれません。現在進行形で、とにかく試して試して試して、少しでもよくありたいです

ストルツマンとお嬢さん(撮影:Akira KINOSHITA)

(取材・文/なかのかおり)

<関連サイト>
仲道さんホームページ http://www.ikuyo-nakamichi.com/

連載バックナンバー

光を運ぶマザーたち

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード