スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中学受験本番で実力発揮するため直前期にすべきこと

子育て・教育

中学受験本番で実力発揮するため直前期にすべきこと

最後の過去問は本番を意識して/これだけあれば大丈夫!持ち物リスト/入試当日の親の心構え

いよいよ関西地方、千葉・埼玉の中学受験入試が始まります。東京・神奈川の受験生にとっては、2月1~3日の本番まではあと少しありますが、入試直前期に当たる今、受験生とその親は何を最優先すべきか、本連載でもおなじみの中学受験情報局主任相談員の小川大介先生に聞いてみました。ぜひ参考にしてみてください。

最後の過去問は本番1週間前に取り組み、“やや不安”なところを見直す

小川大介先生

 中学受験生は本番を迎えている時期です。志望校の過去問を解きながら、直前の対策をしていると思いますが、その過去問も残りわずかとなっているのではないでしょうか? では、最後に残した過去問は、いつ取り組むとよいのでしょうか?

 小川先生はこう答えます。

 「過去問は第一志望校なら過去5年、併願校なら過去2~3年分取り組むのが一般的です。最後に取り組むのは、本番1週間前。まだ手を着けていない直近3年のうちのどれか1年の過去問に、本番を意識して取り組みましょう」

 「まず、過去問に取り組む日の前日に、どのように解くか、4科目をどう配分するかなどしっかり戦略を練ってから臨みます。そして、解くときは開始時間も休憩時間も当日と同じ時間に設定します。日ごろからうっかりミスが多い子は合格最低点からプラス10点を目標に、ややチャレンジの場合は合格最低点を目標に取り組んでみましょう」

 では、なぜ1週間前がよいのでしょうか? 

 「あまりギリギリのタイミングで取り組むと立て直しの時間が足りなくなるからです。でも、1週間あれば立て直しが可能です。本番を意識して解いてみたのに、『あれ?』という問題で間違えてしまうことがあります。『あれ?』というのは、普段なら解けているはずの問題を焦ってミスしてしまったなど、想定外の事態を指します」

 「この想定外のミスが、中学受験では合否に大きな影響を与えます。直前期にそういうことが起こると親子で焦りますが、ここは冷静に受け止め、気持ちを整えながら勉強をし直し、不安要素をなくすことが大事です。間違った単元を集中的にしつこく見直し、『よし、これでいいだろう』とある程度の区切りをつけて本番に挑みましょう」

 「このときに気を付けてほしいのが、すべてを完璧にしようと思わないことです。中学受験では満点で合格する必要はありません。直前期になったら、正解率の低い難問は捨てる覚悟で、正解率の高い問題を確実に取ることに目を向けてください」

※ おすすめ日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ![新版]』

本連載の内容に加筆した充実の書籍『中学受験 基本のキ![新版]』(日経BP社)では、「中学受験に興味はあるけど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までの親子向けの情報を、シーズンごとに整理して掲載しています。受験校の併願パターンでは74校を紹介しています。Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書で、中学受験に関するを情報の基本から応用までを、幅広く押さえてください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページ 直前暗記が効果的な理科・社会は、子ど...

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード