スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

一流のスポーツ選手は、圧倒的に父親の関与率が高い

子育て・教育

一流のスポーツ選手は、圧倒的に父親の関与率が高い

【八塩圭子×金子達仁・夫婦対談】(5)イチロー、清宮幸太郎、内村航平……その陰に父親のサポートあり

 日経DUALが創刊した2013年11月から続いてきた名物連載「トラの子、育ててます。」がこのたび終了となります。記念に、これまでの連載内容を振り返りつつ、金子達仁さんと八塩圭子さんにご夫婦で対談していただきました。常にお互い本音を“ぶつけ合い”ながら、どこか温かい愛情と信頼で結ばれているように感じるお二人のトークを5回にわたってお送りします。本文中にて、本連載のおすすめバックナンバーもご紹介します。ぜひ併せてお楽しみください。

(1)  八塩×金子対談 私たち夫婦“母2人・父2人体制”
(2) 本音をぶつける「交換日記」で、夫婦円満のススメ
(3) 夫婦は子育てのチーム。ケンカしている暇なんてない
(4) 出張前、家族のために牛筋大根を大量に煮ていく父親
(5) 一流のスポーツ選手は、圧倒的に父親の関与率が高い ←今回はココ

男の人って、子どもを怒らない。何をしても放っておく人が多いと思う

八塩 お稽古事に来るママ・パパを見ていると、最初はニコニコして見ているけど、例えば子どもが、何度か続けてふざけたり、変なプレーをしたりすると、「何でそんなことをするんだ!」とか叱る。家で子どもの宿題を見るようになると、もっと叱る。「なんでこの問題解けないの。さっきの問題と同じだよ」とか。関われば関わるほど叱ることが増えるんですよ、子どもって。特にパパってそんな傾向があるように感じます。

 たまにしか触れ合っていないパパって、子どもの前でいい顔しかしないじゃないですか。だから、私の周りにいる子どもたちの多くは「パパはいつも優しい」と言うんです。たまに習い事に来てニコニコしているパパたちを見ると、「まだまだだな~」って思うし、だんだん関わり度合いが上がって子どもに叱り始めると「こちらの世界へようこそ」って思う。うちのパパはそこは通り越して、息子のことをものすごく怒るし、完全にママ感が出ているわけですよ。

金子 僕は、よその子まで容赦なく叱るようになっちゃいました。

八塩 例えば、先日も、虎と男の子2人とそのママ2人と私たち夫婦という組み合わせで、ごはんを食べに行くことがありました。そういうとき子どもたちはママが注意しても全然聞かないんですよ。「任せたから、やって」ってうちのパパに言うと、ちゃんと一人で3人の男の子を連れて電車でも3人をちゃんと注意して。

金子 「ほら、今、ママに何て言われたの?」とか僕が言うと、ピシャッと言うことを聞きますね。パパだから、というのがあると思います。

八塩 虎の男の子の友だち2人がわが家に泊まっても、パパが3人をお風呂に入れて寝かしつけまでしてくれるので、私はごはん作るだけでしたね。

―― もし、目の前で子どもが生まれて程ないパパが「僕、子どもできたんですよ。オムツ替えとか手伝っているんですけど、うちの妻は全然感謝してくれないんですよ」なんて言ったらどうしますか?

金子 あ、もう僕シバきます。「アホか」と。まずはその「手伝う」というワードをやめて、全部やれ、って言います。寝かしつけからミルクから、食事、洗濯含めて、すべてやったら威張っていい。俺もさすがにそれはできないから。「手伝ってる」とか、ふざけるな、って言っちゃいますよね。主体は全部ママに任せておいて、ちょっと端っこかじります、というのはやめろ、と。そしてね、全部やれば、子育て楽しいっすよ、って。よく僕、嫁と言っているんですけれど、0歳のとき、生後半年のとき、1歳半のとき、2歳になっても、3歳になっても、いつも「あ~、今が一番かわいいときね」って言われ続けているけれど、5歳になった今でも僕らは「今が一番かわいい」って思いますよね。

八塩 ね~、ママ感ある発言でしょ?

金子 それが子育てだと僕は思うので、「子育てに関わってないと、そういうふうに思えないぞ、おまえら」って言う。

八塩 普通に、ママトークの輪に入れるからね、この人。こういう話、できるもんね。

「今が一番かわいいでしょ?」の話はこの回で……
次ページ 仕事関係とか昔の友達とかじゃなく、パ...

連載バックナンバー

トラの子、育ててます。

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード