スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

子育て・教育 「病気」の記事一覧

関連タグ

夏の妊婦 「冷やさない」「塩分は控える」は間違い

生活・家事

夏の妊婦 「冷やさない」「塩分は控える」は間違い

 7月に入り、一気に夏らしくなってきました。暑さ本番となる7~8月は、妊娠中の女性が体調管理に気を付けたい時期です。妊婦にとって厳...

「今日と明日」がすべて 今できるベストを尽くす

パパ

「今日と明日」がすべて 今できるベストを尽くす

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

「落ち込んでもマイナスの時間は短く」と病気で決心

生活・家事

「落ち込んでもマイナスの時間は短く」と病気で決心

 40代のときに乳がんが分かり、手術や抗がん剤を体験した美容ジャーナリストの山崎多賀子さん(57)。今はがん体験者のファッションシ...

山崎多賀子 「がん患者のキレイ」メイクで発信

生活・家事

山崎多賀子 「がん患者のキレイ」メイクで発信

 美容ジャーナリストとして活躍していた40代のときに乳がんが分かり、手術や抗がん剤治療を体験した山崎多賀子さん(57)。当時、抗が...

はしか、風疹…妊活を考えているなら予防接種を

生活・家事

はしか、風疹…妊活を考えているなら予防接種を

 これから妊娠したいと考えているなら、前もってしておきたいことは色々ありますが、忘れてはいけないのが「感染症対策」です。「妊娠準備...

「ママにつらい思いをさせないで」息子が神様へ手紙

パパ

「ママにつらい思いをさせないで」息子が神様へ手紙

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

がんの親座談会 自分に価値がある限り働き続けたい

パパ

がんの親座談会 自分に価値がある限り働き続けたい

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

夫は妻の余計なおせっかいに、妻は夫の冷たさに悩む

パパ

夫は妻の余計なおせっかいに、妻は夫の冷たさに悩む

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

子宮筋腫、放置していると妊娠しづらい?

生活・家事

子宮筋腫、放置していると妊娠しづらい?

 30~40代女性の「4人に1人」はあるといわれる「子宮筋腫」。不妊や流産との関係、筋腫がある状態で妊娠したらどうなるのか、産後・...

発熱、咳、下痢… 登園できるかどうか判断基準は?

子育て・教育

発熱、咳、下痢… 登園できるかどうか判断基準は?

こんにちは、阿真京子です。4月から職場復帰をするワーキングマザーの方も多いと思います。復職直後は親子ともども慌ただしい毎日が始まり...

子どもの花粉症5~9歳で増加 目鼻にワセリン対策

子育て・教育

子どもの花粉症5~9歳で増加 目鼻にワセリン対策

 「鼻アレルギー診療ガイドライン2009年版」によると、5~9歳のアレルギー性鼻炎の有病率は、スギ花粉症13.7%、スギ以外の花粉...

「口唇口蓋裂」は必ず治る。生まれる命を諦めないで

子育て・教育

「口唇口蓋裂」は必ず治る。生まれる命を諦めないで

 4歳と7歳を子育て中のデュアラーママでアナウンサー、子育て中の家族の心に寄り添うメディア&プロジェクト「ホリプロ保育園」えんちょ...

何度も泣いたがんの告白 そして病気を受け入れた

パパ

何度も泣いたがんの告白 そして病気を受け入れた

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

「パパはがんになったんだ」子どもにどう伝えるか

パパ

「パパはがんになったんだ」子どもにどう伝えるか

 2015年2月、35歳のときに「ステージ4の胆管がん」と診断された西口洋平さん。まだ小さい子どもがいる働き盛りの年齢でがん告知を...

「産後うつ」は事前知識と周囲のサポートで予防して

子育て・教育

「産後うつ」は事前知識と周囲のサポートで予防して

 4歳と7歳を子育て中のデュアラーママでアナウンサー、子育て中の家族の心に寄り添うメディア&プロジェクト「ホリプロ保育園」えんちょ...

風邪を引いた父と、4歳息子のかわいいお見舞い

パパ

風邪を引いた父と、4歳息子のかわいいお見舞い

 4歳の男の子を育てている共働きパパ・イラストレーターのエイイチさん。ドタッバタッと足音が聞こえそうなほど忙しい日常では見逃しがち...

バセドウ病や橋本病 治療すれば普段通りの生活OK

生活・家事

バセドウ病や橋本病 治療すれば普段通りの生活OK

女性に多い甲状腺の病気。前回は高齢出産後の子育てをしながら働く女性が、甲状腺の手術をした体験を紹介しました。今回はバセドウ病や橋本...

「第11回キッズデザイン賞」受賞作品リポート 第...

子育て・教育

「第11回キッズデザイン賞」受賞作品リポート 第...

 子どもの安心・安全と健やかな成長に役立つ優れた製品、空間、サービスなどを3つの部門に分けて顕彰するキッズデザイン賞。11回目を迎...

子どもがインフルエンザかも すぐ受診?様子を見る...

子育て・教育

子どもがインフルエンザかも すぐ受診?様子を見る...

 こんにちは、阿真京子です。2017~2018年シーズンのインフルエンザは、過去最高の患者数で広がりを見せています。地域によっては...

職場復帰前、最後のワクチン忘れていませんか?

生活・家事

職場復帰前、最後のワクチン忘れていませんか?

 産後ホッとする間もなく始まるのが赤ちゃんへのワクチン接種です。定期接種の種類は年々増えていて、3歳までに受けるワクチンは8種類も...

病気で不自由、高齢者の気持ちが分かるように

仕事

病気で不自由、高齢者の気持ちが分かるように

 人生100年と言われる時代、元気に過ごせる時間を増やすための体操が注目されています。介護予防の運動を指導する板橋雅子さん(53)...

細川モモ 体の悲鳴を聞いて決めた3つのこと

子育て・教育

細川モモ 体の悲鳴を聞いて決めた3つのこと

10代・20代で両親が末期がん患者になった経験から予防医療に関心を持ち、以後7年間サンフランシスコやニューヨークの大学・学会等で学...

妊娠中インフル・風邪は重症化しやすい 予防法は?

子育て・教育

妊娠中インフル・風邪は重症化しやすい 予防法は?

 11月に入り、気温がぐっと下がってきました。乾燥が気になるこれからの季節は風邪やインフルエンザが流行することもあり、妊娠中の女性...

「子どもは頻繁に病気をするもの」の認識を広めよう

子育て・教育

「子どもは頻繁に病気をするもの」の認識を広めよう

 こんにちは、阿真京子です。働くママ・パパが、子どもを保育園に預け始めて最初にぶつかる壁は、“子どもが想像以上に病気をする”という...

アトピーと乳児湿疹の違いは、かゆみの有無

子育て・教育

アトピーと乳児湿疹の違いは、かゆみの有無

 増える子どものアレルギーやアトピー。まだ話せない0歳、1歳だからこそ、ちょっと口に入れた食べ物でアレルギー症状が出てしまうのが不...

もしかして発達障害? グレーゾーンの子への対処法

子育て・教育

もしかして発達障害? グレーゾーンの子への対処法

「命・心・体」をテーマにした講演や子育て学講座、執筆など幅広く活動するチャイルド・ファミリーコンサルタント、バースセラピスト、助産...

目まい・耳鳴り・難聴 考え方、生活の改善が効果的

生活・家事

目まい・耳鳴り・難聴 考え方、生活の改善が効果的

 子育て中のあわただしいときこそ、ママは健康に気を付けたいもの。子育て世代の女性に多いメニエール病について、耳鼻咽喉科の専門である...

野田聖子 「医療的ケア児」受け入れ体制にハードル

子育て・教育

野田聖子 「医療的ケア児」受け入れ体制にハードル

 総務大臣・女性活躍担当大臣・内閣府特命担当大臣として注目される野田聖子さん。認定NPO法人フローレンス代表の駒崎弘樹氏と日経DU...

災害用トイレ なぜ自分で用意する必要があるのか

生活・家事

災害用トイレ なぜ自分で用意する必要があるのか

 親が守れない状況でも子ども自身が自分の身を守り、生き延びるために携帯させたいもの、その理由をお伝えした前々回、災害後にどんな備え...

幼児期の肥満は持ち越すので早めの軌道修正を

子育て・教育

幼児期の肥満は持ち越すので早めの軌道修正を

 0歳児のころの赤ちゃんのふっくらした手足は、見ているだけでも幸せな気分になるものですよね。たいていの子どもは、ハイハイを始めて、...

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

総合ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード