東京で認可保育園に入りやすいのは、豊島区・北区

子育て・教育

東京で認可保育園に入りやすいのは、豊島区・北区

2017年4月の平均の入園決定率は1.4ポイント改善。待機児童対策の頑張りが結果に結びついてきた自治体はどこ?

入園決定率ベスト5は?

 待機児童対策の頑張り度は自治体によっても差があります。「100都市保育力充実度チェック」の過去の調査数値から、各自治体がどの程度、認可の保育定員を増やしてきたか(定員拡大率)を調べてみると頑張り度が分かります。入園決定率が一番低くなってしまった港区は、待機児童対策の頑張り度(6年間の定員拡大率)は2位でした。

 この定員拡大率を横軸に取り、2016年・2017年の2年間の入園決定率の平均を縦軸に取ったものが次のグラフです。目立つ位置にいる自治体だけ、名前を入れてみました。

『2017年度版 100都市保育力充実度チェック』(保育園を考える親の会)より

 このグラフで、右下方に位置している自治体は、待機児童対策を頑張っているのに入園決定率が改善していない自治体です。つまり、それだけニーズ増が激しいということ。都心部は職場に近いため共働きに人気があり、保育ニーズが集中しがちであることには注意をする必要があります。

 左下方に位置する自治体は、入園事情が思わしくないけれども待機児童対策を頑張っているとは言えない自治体です。右上方に位置する自治体は、待機児童対策を頑張って入園事情が良くなった自治体と言えます。

 東京23区に絞って、入園決定率と定員拡大率のベスト5を挙げると次のようになります。

「住保」接近を優先しよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載バックナンバー

ぜったい保育園に入りたい!

認可保育園、23区で最も入りにくいのは港区2018.11.01

23区で最も認可保育園に入りやすいのは豊島区北区2018.10.31

「認定こども園」って保育園とどう違うの?2018.03.05

東京で認可保育園に入りやすいのは、豊島区・北区2017.10.30

3歳の壁 小規模保育・保育ママからの転園の不安2016.09.06

DUAL Selection

-PR-
閉じる

会員になると、共働きライフに役立つ限定記事が読めるようになります。日経DUALとは

今すぐ会員登録する