スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

職場のストレス、悪役に悪態をついて発散すべし!

馬が合わない上司や同僚は「ジャンゴ 繋がれざる者」でやっつけよう

 職場に嫌味な上司や、馬が合わない同僚などがいると、ストレスが溜まりますよね。一緒に働かなくてはならないから、できればもめたくないし。心の中ではキーッとなりながらも、言いたいことを飲み込む毎日。そんな上司や同僚を悪役に当てはめて、映画の中でやっつけた気分になるのはいかがでしょう!?

 今回、紹介する映画の悪役は、普段は悪役のイメージがあまりない俳優が演じているので、「一見いい人そうだけど、実は腹黒いんだよね!」という上司や同僚に、ぜひ投影して見てください。

仕事デキないのに部下を振り回す上司に嫌気がさしたら……

 1本目は、レオナルド・ディカプリオが初の悪役に挑戦した「ジャンゴ 繋がれざる者」です。


2012年制作/アメリカ/レオナルド・ディカプリオ、ジェイミー・フォックス/ ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/Blu-ray2500円、DVD1480円/発売中

 1858年、南北戦争前のアメリカ南部。奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎのシュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、彼の尽力で自由の身となります。シュルツの仕事を手伝いながら、離ればなれになっている妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を探すジャンゴ。

 シュルツとジャンゴは、お尋ね者を追いながらアメリカを旅し続け、ついにブルームヒルダが捕らわれている「キャンディ・ランド」にやって来ます。そこは、若き暴君カルビン・キャンディ(ディカプリオ)が支配する農園でした。ジャンゴはシュルツと共に作戦を立て、冷酷で残忍なキャンディから妻を取り戻そうとしますが……。

 クリストフ・ヴァルツは悪役を演じることが多く、以前に当連載で取り上げた「おとなのけんか」でも嫌味な男性役でしたが、この映画では珍しく善人役。

 本作で一番の悪役に扮しているのは、人気俳優のレオナルド・ディカプリオです。彼は、もうこれでもか!というくらいに悪いヤツを熱演。大した能力もないのに頭がいいフリをし、機嫌を損ねると周囲に当たり散らすキャンディ。間違ったことをしても反省などせず、自分を正当化します。いますよね、そういう人。

 私の昔の職場にも、仕事はできないし、お天気屋で部下を振り回す、非常に困った上司がいました。キャンディと同じく、機嫌が悪いときは、声を荒げて部下をどなりつけていましたっけ。あぁ、ほんとに嫌なヤツだったなぁ(笑)。

 あまりネタバレすると楽しみがなくなりますが、キャンディに嫌いな上司や同僚を当てはめながら、ぜひ「ジャンゴ~」を最後まで見てみてください。スカッとすること請け合いですよ!

清水 久美子

清水 久美子

メーカーでOLとして働きながら、夜は音楽雑誌の編集部でアシスタント業務をこなし、結婚を機にパソコン誌の編集部に転職。その後フリーライターになり、各業界誌で執筆を重ね、男女の双子を出産後は妊婦や産婦人科に取材しマタニティ雑誌に寄稿。その後、最も好きなジャンルであるエンターテインメント、映画・海外ドラマ・音楽の記事を主としたライターへと転向。「SCREEN」「日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial」や「海外ドラマBOARD」、「青山シアターマガジン」などにて執筆中。

連載バックナンバー

今週の発散映画&DVDはこれで決まり!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード