スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

オレはキャリアアップを諦めたわけじゃない

子育てもやりたいけど、周囲は遅くまで働く。自分だけ早く帰るのは気が引ける…

 「仕事と子育ての両立」―これまではもっぱら女性たちが悩んできたテーマが、今、男性の眼前に迫っている。親も上司も先輩も経験してこなかった境遇。まだ「男は仕事をしてナンボ」の組織の中で働きにくさや孤独感を感じつつ、会社では悩む姿をおくびにも出さず、重圧にも笑顔で耐えている…。働きながら子育てをする男性たちの日常、そして滅多にもらさない彼らの汗と涙と笑顔の本音を、書籍『男たちのワークライフバランス』からお届けします。

共働き男性の本音は「もっと仕事がしたい!」

 共働き男性たちが家事や育児に関わるようになったからといって、彼らはキャリアアップをあきらめたわけでも、もっとスローに生きたいと願っているわけでもない。

 彼らの多くはあくまでも仕事が好きで、自身のキャリアの成功を目指している。となると、平日はどうしてもハードワークになりがちで、帰宅時間は遅くなる。実際、インタビューをした男性たちは、「平均して午後10時ぐらいに帰宅する」と答える人が多かった。

 2歳になる娘を持つ加山さん(仮名・37歳)も、仕事を頑張る男性のひとりだ。外資系の洋酒輸入販売会社でマーケティングを担当し、年に2、3回は海外に出張するなど精力的に業務に励む。

 妻も正社員として働いているが、17時ちょうどに退社できる職場なので、保育園のお迎えとその後の家事や育児は、妻の役目だ。加山さんは、子どもの身支度と保育園への送りのみを行なっている。というか、平日の家事と育児はそれが精一杯なのである。

妻は夫の働き方を変えることを諦めた

 「毎日午後10時から11時の間に帰宅するんですが、妻も疲れて娘と一緒に寝てしまうので、たいていふたりとも寝ています。ダイニングテーブルにおかずがラップして置いてあるので、それをレンジで温めて、ひとりで食べています」

 毎晩、帰宅が遅い加山さんに対して、最初は妻もイライラを隠せないでいたが、「夫の働き方を変えるのはムリ」と判断したのか、今はなにも言ってこない。

次ページ 眠っている妻子を起こすと、どうなるか...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

イクメンと呼ばれて

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード