スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

多忙な共働き家族でも、ふかふかの布団で眠れる!

寝室や押し入れも、湿気をシャットアウト

1男1女の母親、家事代行・ハウスクリーニングサービスの(株)ベアーズ専務、家事研究家など、たくさんの顔を持つ高橋ゆきさん。高橋さんが日ごろから実践している掃除方法を伝授してもらいます。共働き世帯向けのツボを押さえた効率的な方法をマスターしましょう!今回のテーマは布団と押し入れのお手入れです。

 寝室や押し入れも湿気がこもりやすい場所です。仕事に育児に忙しくてつい放置していると、カビやニオイの発生源になります。でも、ちょっと手を入れるだけですぐ効果が出ます。ポイントは空気の通り道を作ること。方法も簡単なので、さっそくトライしてみましょう。

ベッドは週に1回マットを浮かせる!

 ベッドはマットを台から浮かせておくと通気を確保できます。土日などお休みの日だけで構わないので、週に1回程度、ベッドマットの下四隅に電話帳や辞書などの厚いものを置いて風を通しておきましょう。

掛け布団を足元に畳むだけでも違う!

 布団派の人は、夜にかいた寝汗を除去することが必要です。でも、大掛かりな作業は不要です。出勤前に掛け布団を足元に畳んでおくだけで大丈夫。自然に汗が蒸発していきます。

1日中外出するデュアラーにオススメの布団の干し方

 朝、ベランダに布団を干してふかふかになったころに取り込む…。これは一般的なデュアラー(働くママ&パパ)にとっては夢のまた夢。でも、室内でも布団は干せます! 二脚の椅子を背中合わせに置き、朝、ふわっとかけて出かけるだけ。敷布団も、掛け布団も、枕もこの方法で大丈夫です。日の当たる窓際近くだと、より効果的ですよ。

次ページ 押し入れに必要なもの、それは「風通し...

連載バックナンバー

高橋ゆきの「楽々キレイ」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード