スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

働くママのための名門“お受験”保育園とは

子育て・教育

働くママのための名門“お受験”保育園とは

伸芽’Sクラブ 自由が丘校(東京・目黒)

 “お受験”と呼ばれる私立・国立小学校への受験は、ドラマのように母親がみっちりついて、「どうしてこの問題が解けないの!」と怒り続け、しかも、2、3歳からお受験塾に親同伴で通う日々…。そんなイメージさえあった。

 働くママには、遠い話のように思えていた “お受験”が、もっと身近で手がかからず、しかも優しい先生のいる保育所で指導してくれたら、グッと現実的なものになってくる。

 それを可能にしたのが、名門小学校や幼稚園受験の指導において50年以上の歴史を持つ伸芽会が提供する、「伸芽'Sクラブ(しんがーずくらぶ)」である。認可外保育所として2年前に目黒校をオープンし、その後約2年で9校にまで展開。そのうち神楽坂校は「プレミアム」として特別カリキュラムも提供している。短期間でここまで拡大したのは、やはりニーズの高さが背景にある。


先生は、清楚な印象の揃いのユニフォーム。常に落ち着いたトーンで子どもたちに接する

 「今は、共働きが当たり前になっている時代であり、働いているご両親ほど教育への関心は高いですよね。しかし、共働きだと保育園以外に預け先がなく、教育まで手が回らなくなっているというお悩みをよくいただいていました。待機児童解消などとはまた別に、教育を重視する方への選択肢として、2年前から長時間の託児をスタートしました」


広めの部屋の中でそれぞれ興味のある遊びに移動できる。部屋には華美な色やキャラクターはなく、シンプルな遊具が並ぶ

 と、自由が丘校を案内してくれた伸芽会英才託児局の梅國寛さん。託児時間は1日あたり、5、8、10、12時間と4種類時間帯から選ぶことができる(事前に選択し契約)。利用も、週1〜5日まで可能なため、0〜2歳はフルタイムの託児が多いが、3歳以降は幼稚園に通いながら午後だけこちらに来る子の割合が増えるという。中には、私立の幼稚園をお受験し、合格後に通いながらも午後は伸芽'Sクラブで過ごしながら小学校お受験の準備をする子もいるという。

お受験は、日常生活のしつけ・生活習慣から

 それを可能にするのが、手厚い送迎サービス。自宅、日中通っている保育園や幼稚園、習い事への送迎を、基本的には1対1で付き添ってくれる。送迎は、電車で片道45分まで。公共交通機関を使って一緒に通ってくれるので、親が働いていても幼稚園に通い、その後に伸芽'Sクラブで夕方まで過ごすことができる。おかげで働く親でも、幼稚園も選択肢に考えられるのだ。

次ページ 丁寧な言葉遣い 「はしるのやめなさー...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

選ばれる保育園を訪ねて

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード