スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

身勝手な両親と6歳の娘を描く新作『メイジーの瞳』

「6歳の目線を経験してみて」主役のオナタちゃんと監督の特別インタビュー

 子どもは大切だし、愛おしい存在だけど、キャリアアップも大事で、どちらも諦められない……。仕事を持つ親に、こういう悩みはつきものですよね。

 夫婦で協力して、育児や家事をうまく分担できればいいですが、夫婦両方が仕事ばかりを優先して衝突し、子どもが犠牲になってしまう。それは絶対に避けたいこと。

  今回、紹介する新作「メイジーの瞳」は、そんな身勝手な両親を、6歳の娘の視点で描いた映画です。

 主人公メイジーを好演したオナタ・アプリールと、スコット・マクギー&デヴィッド・シーゲルの監督コンビにインタビューしてきました。

******************


「メイジーの瞳」 2014年1月31日(金)TOHOシネマズ シャンテ、シネマライズ他全国順次公開
(C)2013 MAISIE KNEW, LLC. ALL Rights Reserved.
配給:ギャガ
公式サイト:http://maisie.gaga.ne.jp/

 アートディーラーの父ビール(スティーヴ・クーガン)とロック歌手の母スザンナ(ジュリアン・ムーア)を両親に持つ6歳の女の子メイジー(オナタ・アプリール)は、ニューヨークで暮らしていましたが、いつも仕事が忙しいビールとスザンナはけんかばかりで、ついに離婚。メイジーは10日ごとに両親の家を行き来することになります。


パパとママの家を行ったり来たりすることになったメイジー。


スザンナはメイジーを愛しているが、自分の都合で娘を振り回す。

連載バックナンバー

今週の発散映画&DVDはこれで決まり!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード