スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

高橋ゆき 「楽々お掃除」に大切な3つのルール

「慌てず、あせらず、優しい気持ちで」。ときには家族や家事代行サービスの力もうまく借りよう

1男1女の母親、家事代行・ハウスクリーニングサービスの(株)ベアーズ専務、家事研究家など、たくさんの顔を持つ高橋ゆきさん。高橋さんが日ごろから実践している掃除方法を伝授してもらいます。共働き世帯向けのツボを押さえた効率的な方法をマスターしましょう! 今回は特製グッズと大事な心構えを紹介します。

お部屋のキレイをキープするために、家族全員で掃除を分担

 部屋のキレイをキープするためには家族全員で掃除を分担するのも大切です。そのためにも、まずは、掃除のビフォー&アフターの写真を撮って「こんなにキレイになったんだよ」という状態を共有しましょう。「ずっとキレイな部屋をキープしたい」というモチベーションが上がり、進んでお手伝いしてくれるようになるのではないでしょうか。

 分担の方法はどんなやり方でもOKですが、大切なのは、みんなで成果を褒め合うことです。例えばこんなふうにしてみてはどうでしょう。バスルームの掃除をパパにお願いした場合、後からママか子どもがチェック。このとき「ピカピカになったよ、ありがとう」の一言を必ず伝えるのです。これが、次にまた掃除するときのモチベーションアップにつながります。

 また、冬休みなどを利用して、みんなで掃除グッズ作りをするのもおススメです。自分でグッズを作ってみると、不思議にそれを使って掃除をしたくなるものですから。参考までに、このシリーズに登場した高橋ゆき特製お掃除グッズを、もう一度ご紹介しましょう。

次ページ 掃除グッズはしまい込まず、風通しの良...

連載バックナンバー

高橋ゆきの「楽々キレイ」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード